1000のマイルも1から

プリンスポイントとANAマイルの二兎を追うブログ。自分が実践してみたものを中心に綴ってます。

2018年3月31日までのソラチカ申請戦略~最大48万ポイント

東京メトロから、PeX、.money、G-Point、ネットマイルとメトロポイントとの交換を、2018年3月31日を以って停止すると発表されました。

陸マイラー界に激震が走ったと同時に、3月31日までに出来るだけ手持ちのポイントを、メトロポイントに交換しとけという記事も多く目にしました。というのも、メトロポイントとANAの交換自体は、交換比率90%のまま4月以降も温存されるからです。

ANA To Me CARD PASMO JCB(通称ソラチカカード)の券面

一方、ソラチカルートは、交換ポイント数に上限があり、スケジュールにも締め日が存在し、あまり柔軟ではありません。そこで、この記事では、駆け込みのポイント交換について、ポイント上限・スケジュールを考慮し、具体的にどう計画するべきか、検証してみました。

メトロポイントへの交換、ANAマイルへの交換条件

この記事をご覧になっている方は既にご存知のことだと思いますが、一応確認しておきます。

PeX、.money等から、メトロポイントへの交換申請は毎月15日締め(自分で実験したことはないので100%定かではありませんが)、翌月11日に交換が完了します。特に上限は無いと理解しています。

メトロポイントからANAマイルへの交換は、一月20,000ポイントが上限です。90%の交換比率なので、これにより18,000マイルが生まれます。年間なら240,000ポイント = 216,000マイルです。

メトロポイントの有効期限

東京メトロ To Me Cardのホームページには、メトロポイント規約というものがあります。その第8条に「メトロポイントの効力」というものがあります。

メトロポイント規約第8条


第1項と第3項から、2017年4月1日~2018年3月31日間にメトロポイント口座に記録されたメトロポイントは、2019年3月31日まで有効だということがわかります。

2019年3月31日まで有効なポイント

既述のとおり、ANAマイルへの交換を前提とした場合、消化できるメトロポイントは、年間240,000ポイントが上限です。

つまり、2018年3月31日時点でのメトロポイント口座の残高は、240,000ポイントが上限です。それ以上のポイントは、ソラチカルートには乗せられません。240,000ポイントを超える部分は、有効期限が切れてしまいます。

 

より具体的に言いましょう。メトロポイントが記録されるタイミングは、下記の説明書きのとおり、毎月11日と決まっています。

メトロポイントが口座に記録されるのは、毎月11日ということを明言している画像。

従って、3月11日のポイント記録によって、ポイント残高が最大になるよう(但し、上限240,000)手を打つことが得策ということです(それ以降、4月11日までポイントは増えませんので)。

メトロポイントを3月11日に記録するには、PeXや.moneyからメトロポイントへの交換申請を、2月15日までに行う必要があります。当然、ポイント獲得活動は、それより十分前である必要があります。

私自身は、今回の件があったからといって、ポイント獲得活動の強化はしていませんが、駆け込みでガンガン貯めたい人は、2月15日が一つの大きな節目です。

2020年3月31日まで有効なポイント

3月11日の記録のためには、2月15日までにメトロポイントへの交換申請を行う必要がありますが、2月15日以降もメトロポイントに交換可能なポイントが手元に残る、もしくはその後も獲得する予定の方は、2020年3月31日まで有効なメトロポイントに交換することになります。

2020年3月31日まで有効なメトロポイントとは、2018年4月1日~2019年3月31日の間にメトロポイント口座に記録されたポイントです。ここでのミソは、「記録された」という部分です。既述のとおり、メトロポイント口座への記録は、毎月11日です。2020年3月31日まで有効なポイントは、古い順に2018年4月11日、5月11日に記録されたポイントということになります。

逆算すると、、、

  • 2018年4月11日記録分
    3月15日までにPeX、.money等からメトロポイントに交換申請。
  • 2018年5月11日記録分
    3月31日までにPeX、.money等からメトロポイントに交換申請(今回の制度変更により、4月に入ると交換申請できません。)。

ということですね。

そして、交換申請するポイントの上限は、上記2回合計で240,000ポイントとなります。

手に入れた240,000ポイントは、2019年4月から2020年3月まで1年かけ、毎月20,000ポイントづつANAマイルへ交換申請していくことになります。

まとめ

文章にするといささかややこしいと思ったので、表にまとめてみました。

メトロポイントへの交換申請締切 2月15日 3月15日 3月31日
メトロポイント記録日 3月11日 4月11日 5月11日
最大メトロポイント数 240,000 240,000
メトロポイント有効期限 2019年3月31日 2020年3月31日
ANAマイルへの交換申請 2018年4月~2019年3月 2019年4月~2020年3月

留意点は、これから3月31日までにPeX、.money等からメトロポイントへ交換申請する場合、記録されるメトロポイントは、申請の時期により有効期限が違うということ。そこをきっちり認識して、ポイント獲得・交換戦略を考える必要があるということです。

やり方次第では、3月31日までに、メトロポイントへの交換申請を最大480,000ポイントまで実施することが可能です。

 

なお、この記事に記載したことは、全て私の個人的解釈であり、全く保証できるものではございません。東京メトロに問い合わせもしておりません。また、2020年3月までメトロポイント⇒ANAの交換比率が90%のまま存続してくという保証もありません。

ポイント交換戦略は、皆様ご自身のご判断でお願いします。

とはいえ、多少なりとも皆様の考え方の参考になれば幸いです。

【このブログのその他の記事】

 ⇒ ANA VISA ワイドゴールドカード マイル付与率低下

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。Google Analyt
icsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善の為に使用させていただくものとします。なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。Googleによるデータの使用に関しては「ポリシーと規約」をご覧ください。