1000のマイルも1から

プリンスポイントとANAマイルを貯めてます。自分が実践してみたものを中心に綴ってます。

品川プリンスホテル Nタワーの紹介 ビジネスラウンジが〇

先日、品川プリンスホテルに宿泊してきました。初の品川プリンスです。

公式HPの品川プリンスホテルの紹介写真

一口に品川プリンスホテルと言っても、メインタワー、Nタワー、イーストタワー、アネックスタワーと4つの棟があり、総客室数は3,679室。日本最大級です。新聞報道で、都内のホテルの稼働率が取り上げられるとき、必ずと言っていいほど、品川プリンスホテルの数字も引き合いに出されます。グレードの話は抜きにして、ある意味日本を代表するホテルの一つですね。

始めた泊まった今回は、Nタワー。この記事で、紹介したいと思います。

品川プリンスホテルの立地

品川プリンスホテルは、品川駅の高輪口から至近です。Google Mapで見てみましょう。 高輪口出て、道路(国道15号)を横切ればすぐですね。

品川駅高輪口のGoogleMap

写真でみるとこんな感じ。横断歩道を渡ったら、Wingの中に入っていきましょう。

品川駅高輪口前にあるWingの写真

高輪口前の信号(上記の写真)は、多くの人が利用します。その大半の人が、どやどやとWingに入っていく感じです。なので、Wingの中は、こんな感じで沢山の人でにぎわっています。

Wingの中の写真

この雑踏を抜けると、品川プリンスホテルのNタワーが、そびえたっています。

品川プリンスホテル Nタワーの外観写真

品川駅は、言わずと知れた羽田空港の玄関口(京浜急行利用)。最近の羽田は、国際便の増発が顕著ですし、港南口の再開発は、目を見張るものがあります。ホテルの立地としては、非常に優位です。

ちなみに、Wingは京急グループです。道を隔てた隣のホテル「SHINAGAWA Goos」も京急。一方、品川プリンスホテル、グランドプリンスホテル新高輪、グランドプリンスホテル高輪、ザ・プリンスさくらタワーは、西武グループです。

高輪口は、二つの電鉄グループにより、盛り上がっているのです。

品川プリンスホテル Nタワーのロビー

Nタワーのロビーは、2Fになります。上記の写真は、高輪口からWingを抜けると出くわすNタワー入口ですが、ここを入ってもそこにあるのは叙々苑で、ロビーに行くには一つフロアを上がらねなりません。

ロビーは、シンプルで機能的な感じがします。ビジネス向けっぽいですね。

品川プリンスホテル Nタワーのロビー

私は、SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン ゴールドの保有者なので、その特典を生かし、通常のチェックインより2時間早く、12時にチェックインしました。そのため、チェックインカウンターは非常に空いていました。

品川プリンスホテル Nタワーのロビー

 ⇒  SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン/ゴールドの紹介

今回、4名宿泊なので、カードキーを4枚頂きました。

品川プリンスホテルNタワーのカードキー

Nタワーのエレベーターでは、このカードキーをかざさないと、目当ての階には停止しないようになっています。ホテルの一歩外に出ると雑踏なので、これくらいやってもらわないと、安心できないですね。

ところで、私はプリンスステータスサービスのプラチナ会員なので、チェックイン時に、朝食券を4枚頂きました。

品川プリンスホテルNタワーの朝食券

今回の宿泊では、朝食時に嬉しいことがありました。詳細は、下記の記事をご覧ください。

 ⇒ 【プリンス ステータス サービス】プラチナは優越感も提供


品川プリンスホテル Nタワーの部屋

品川プリンスホテルの4つの棟で、4名が宿泊できる施設は、メインタワーとNタワーしかないみたいです。

といっても、通常2名利用の部屋にエクストラベッド(又はソファベッド)を使用して、4名用に変更しているようです。

品川プリンスホテルNタワーの部屋 ベッド


部屋の雰囲気は、ロビーと同様シンプルでシックです。

品川プリンスホテルNタワーの部屋 ベッド


下の写真の右端に見えるペットボトルの水4本は、SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン ゴールドの特典です。通常は頂けません。

品川プリンスホテルNタワーの部屋 デスク

洗面です。こちらも、シンプル&シックです。

品川プリンスホテルNタワーの部屋 洗面所

鏡沿いに見える緑と青の袋は、KNEIPPという入浴剤です。この入浴剤付の宿泊プランというのがあります。

品川プリンスホテル KNEIPP入浴剤付宿泊プラン

我が家は、何もつかない標準プランである「Prince Basic Member」で予約したのですが、KNEIPP付きました。何故なんでしょうね。

 

お風呂です。ベッドルームから見えま~す。もちろん、内側からブラインドが下ろせます。

品川プリンスホテルNタワーの部屋 お風呂


品川プリンスホテル Nタワービジネスラウンジ

ティータイム

Nタワーの最上階には、ビジネスラウンジという宿泊者専用のスペースがあります。

品川プリンスホテル Nタワー 最上階ビジネスラウンジ入口
豪華さはありませんが、昼下がりなどは、空いているのでゆっくりできます。この写真は14時頃です。

品川プリンスホテル Nタワー 昼下がりのビジネスラウンジ内部 空いてます

飲み物サーバー類。左が炭酸飲料、右がコーヒー類です。日本茶・紅茶はティーバックがあります。

品川プリンスホテル Nタワー ビジネスラウンジ 飲み物サーバー

逆光になってしまっていますが、左右を仕切った、個人が作業をするスペースがあります。もちろん、電源付。

品川プリンスホテル Nタワー ビジネスラウンジ 個人スペース

一方で、複数人数でミーティングができる個室もあります。

品川プリンスホテル Nタワー ビジネスラウンジ ミーティングルーム

仮眠スペースまでありました。

品川プリンスホテル Nタワー ビジネスラウンジ 仮眠スペース

Nタワーの外は飲食店が豊富ですが、宿泊者の方がお茶するだけなら、無料でかつ空いているので、ビジネスラウンジ利用がお勧めです。

ちなみに、飲食物の持ち込みは出来ません(ラウンジにはクッキーがあります)。

朝食

ビジネスラウンジは、朝食時は混みます。朝になると、こんな感じです。

品川プリンスホテル Nタワー ビジネスラウンジ 朝食時の様子 混んでます

メニューは多くはありませんが、先に紹介した飲み物以外に、パン、スクランブルエッグ、ソーセージ、ヨーグルト、サラダ、スープがありますので、贅沢を言わなければ十分な朝食をとることができます。

f:id:gaotsu:20171001133130j:plain

もちろん宿泊者は無料です。かつ好きなだけ食べられますから、圧倒的にお得ですね。

品川プリンスホテル Nタワーは、ビジネスラウンジの付加価値が非常に大きいと思います。

 

ただ、先述のとおり、我が家は朝食券を人数分無料で頂いたので、朝食は「リュクス ダイニング ハプナ」で頂きました(笑)。

それにまつわるエピソードは、こちらでどうぞ。

 ⇒ 【プリンス ステータス サービス】プラチナは優越感も提供

それでは!

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。Google Analyt
icsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善の為に使用させていただくものとします。なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。Googleによるデータの使用に関しては「ポリシーと規約」をご覧ください。