1000のマイルも1から

ANAマイルとプリンスポイントを貯めてます。ふるさと納税・クレカの話題も詰まってます。

ザ・プリンス パークタワー東京 1泊26時間滞在

先週末、東京芝公園のそば、周囲の緑が印象的な「ザ・プリンスパークタワー東京」に家族で1泊してきました。

ザ・プリンス パークタワー東京 全景

プリンスホテルのグレードは、「ザ・プリンスギャラリー」「ザ・プリンス」「グランドプリンスホテル」「プリンスホテル」の4つに分かれています。昨年ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町が開業するまで、「ザ・プリンス」ブランドは、プリンスホテルチェーンでは最上級のブランドでした。

この記事では、ザ・プリンス パークタワー東京の滞在で利用した様々な特典と、それに関連する施設の簡単な紹介をしようと思います。

宿泊プラン~特典で1泊26時間滞在を実現

SEIBU PRINCE CLUBの会員は、誕生日付きにジュニアスイートルーム以上の部屋に、半額で宿泊できる特典があります(食事なし)。今回は、それを利用しました。

私は、6月生まれですが、4月から中一になり、PRINCE KIDS CLUBから自動的にSEIBU PRINCE CLUBの会員になった長女が5月生まれなので、長女の権利を行使しました(笑)。

6月に行ければいいのですが、土曜日は長女が部活なのです。たまたま、5月20日は部活が休みとのことなので、その日に決行。

SEIBU PRINCE CLUBのコンシェルジェデスクに、長女の誕生月プランで父親が決済で問題ないか確認したところ、問題ないとのことでした。

さらに、父親の私がSEIBU PRINCE CLUBセゾンゴールドを保有しているので、通常14時チェックイン・12時チェックアウトを、13時チェックイン・15時チェックアウトへ変更をお願いしたところ、これも承ってもらいました。

以上、スイートルーム半額&26時間滞在プランの出来上がりです。

 ⇒ プリンスホテル会員プログラム【プリンスステータスサービス】とは?

利用した部屋はパークスイートルーム

午前中は六本木にある「スヌーピーミュージアム」に行き、昼食をとった後、13時過ぎにチェックインしました。

利用した部屋は、パークスイートルーム。広さは76.4㎡です。

パークスイートルーム見取り図

マスターベッドルームです。上の見取り図だと、右側の部屋です。

ベッドルーム写真

リビングルーム。見取り図では、左側の部屋です。ソファベッドが出されていて4人宿泊仕様になっています。

リビングルーム

 

マスターベッドルームのバスルーム。わざわざ「マスターベッドルームの」とつけた訳は、リビング側にもバスルームがあるからです。

バスルーム

ベランダからの眺望です。天気に恵まれて良かったです。ベランダは、リビングとベッドルームそれぞれにあって、繋がってはいません。

窓からの眺め

プリンスホテルからのプレゼント

チェックイン後、部屋に入ると二つのプレゼントが待っていました。

手前に二つのギフト、奥にミネラルウォーター4本の写真

左側が、プリンスステータスサービスのプラチナ会員(私です)へのプレゼント、

プラチナメンバー向けのプレゼント写真

右側がSEIBU PRINCE CLUBの誕生月会員(長女)へのプレゼントです。

誕生月プレゼントの写真

プラチナ会員へのプレゼントは、煎餅・あられです。誕生月会員は、焼き菓子でした。和洋揃いました。

ついでに言うと、奥のミネラルウォーター4本は、SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン ゴールドの特典です。部屋には元々無料の水が4本あり、棚の上においてあります。5本目からは、冷蔵庫内の水となりますがそれは500円です。従って2,000円分の水が無料で支給されたとも言えます。

夕食は、東京プリンスホテル「ポルト」へ

ザ・プリンスパークタワー東京には、ディナービュッフェを実施するレストランがありません。ほぼ全てのレストランがコース料理です(中国料理 陽明殿には単品があります)。うちの娘二人は、中1・小6にして、依然好きなもの以外は、あまり食べないので、コース料理には向きません。

そこで、ビュッフェを求めて、徒歩で行ける東京プリンスホテルの「ポルト」に繰り出しました。

ブッフェダイニング ポルトの看板

ポルトの店内の様子です。東京プリンスホテルは、1年間のリノベーションを経て、4月1日に再開したばかりなので、綺麗です。

ブッフェダイニング ポルトの店内

料理の写真です。ガラスの器に小分けにされたオードブルが豊富でした。

ブッフェダイニング ポルトの料理の写真 オードブル

料理の写真の続きです。右の皿にあるのは「焼きしゃぶ」。岩塩の上で、スライスされた肉をバナーで、さっと焼いたもの。

f:id:gaotsu:20170522233000j:plain

我が家がチェックアウトした翌日、「ヒルナンデス」というテレビ番組で、ポルトが取り上げられ、この焼きしゃぶが人気No.1と紹介されたそうです。

www.gr8lodges.com

お会計の際は、10%の株主優待割引券を使いました。2,070円の割引になりました。

f:id:gaotsu:20170522233306j:plain

新聞サービス

朝になると、外側のドアノブに新聞がかかっていました。これは、SEIBU PRINCE CLUBカードセゾンの特典です。

新聞入れに入った新聞

 

朝食はザ・プリンスパークタワー東京の「パノラマ33」

翌日の朝食は、33階にあるパノラマ33に行きました。

ザ・プリンスパークタワー東京 パノラマ33看板

私は、プリンスステータスサービスのプラチナステータスであるので、家族4人の朝食が無料です!!

ザ・プリンスパークタワー東京 朝食券4枚の写真

長女が中1になったので大人3人、子供1人。大人3,400円、子供1,700円ですので、11,900円分の朝食がタダになったことになります。

 

料理の写真を撮るのは忘れましたが、店内及び窓からの景色はおさめたので貼っておきます。

ザ・プリンスパークタワー東京 パノラマ33店内写真

ザ・プリンスパークタワー東京の自慢は東京タワーの眺望です。流石に良く見えます。

 ザ・プリンスパークタワー東京 パノラマ33 窓からの景色

チェックアウト前にロビーでお茶

チェックイン時に、SEIBU PRINCE CLUBカードセゾンゴールドの特典として、ウェルカムドリンクのチケットを4枚貰いました。

ザ・プリンスパークタワー東京 お飲み物券4枚

チェックアウトの前に、この券を利用してお茶をしに、ロビーラウンジに行ってきました。

ザ・プリンスパークタワー東京 ロビーラウンジ 店内

私のオーダーは、オーソドックスにコーヒー。

ザ・プリンスパークタワー東京 ロビーラウンジ コーヒー

妻は紅茶(アッサム)、長女はジンジャエールです。

ザ・プリンスパークタワー東京 ロビーラウンジ 紅茶とジンジャエール

次女は渋~く、抹茶。

ザ・プリンスパークタワー東京 ロビーラウンジ 抹茶

以上が、ドリンク券利用で全部無料です!

コーヒーと紅茶が1,270円、抹茶が1,600円でした。ジンジャエールの値段はメニューを見てないので全くわかりませんが、800円か900円はしたのではないでしょうか?

合計で大体5,000円だと思います。SEIBU PRINCE CLUB カードセゾンゴールド様様です。

ドリンク券は、ケーキセットには利用できないので、ケーキが食べたい場合は単品オーダーとなります。

こちらは、妻がオーダーしたショートケーキ

ザ・プリンスパークタワー東京 ロビーラウンジ ショートケーキ

長女がオーダーしたガトーショコラです。

ザ・プリンスパークタワー東京 ロビーラウンジ ガトーショコラ

お会計の際、レシートに掲載されたのは、二つの単品ケーキだけです。利用人数も2名。飲み物は痕跡無しです。

ザ・プリンスパークタワー東京 ロビーラウンジ レシート

さらに、ここでも株主優待割引券を使って10%オフにして頂きました。

特典まとめ

色々特典を使って、土曜日の13時過ぎから日曜日の15時まで、たっぷり26時間、快適に滞在しました。

最後に、利用した特典をまとめておきます。

プリンスステータスサービス
  • スイートルーム半額(長女の特典)
  • 誕生日月宿泊プレゼント(長女の特典)
  • プラチナ会員へのプチギフト
  • プラチナ会員朝食プレゼント

 ⇒ プリンスホテル会員プログラム【プリンスステータスサービス】とは?

SEIBU PRINCE CLUB カードセゾンゴールド
  • アーリーチェックイン&レイトチェックアウト
  • ミネラルウォーターサービス
  • ウェルカムドリンク
  • 新聞サービス

 ⇒ SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン/ゴールドの紹介

株主優待
  • レストラン10%割引

あと、「利用した特典」ではないですが、決済額に応じて付与されるプリンスポイントが、プリンスステータスサービスのプラチナ会員は30%増量となってます。 

 

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。Google Analyt
icsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善の為に使用させていただくものとします。なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。Googleによるデータの使用に関しては「ポリシーと規約」をご覧ください。