1000のマイルも1から

プリンスポイントとANAマイルを貯めてます。自分が実践してみたものを中心に綴ってます。

SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン/ゴールドの紹介

このブログでは、SEIBU PRINCE CLUBを主力コンテンツの一つとして取り上げています。今回は、クレジットカード機能付きのSEIBU PRINCE CLUBカードを紹介したいと思います。

カードの発行元はセゾンカードになります。発行されているカードは、一般カードとゴールドカードの2種類です。

SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン /ゴールド 一般カードとゴールドカードの券面写真

西武ホールディングスは、西武鉄道を有していますので、PASMOのオートチャージの機能が付帯してます。ただ、カードの性格としては電鉄系カードではありません。プリンスホテルのハウスカードとして性格が強いです。T&Eカードと言っていいかもしれません。

この記事では、そのあたりを中心に当カードを紹介したいと思います。

年会費等基本スペック

まずは、年会費等をみてましょう。下の表のとおりです。

(金額は税抜) 一般カード ゴールドカード
決済ブランド VISA、Master、JCB Amex VISA、Master、JCB
本会員年会費 無料 3,000円 15,000円
家族会員年会費 無料 1,000円 2,000円

JCBや三井住友のプロパーのゴールドカードの会費が10,000円ですので、SEIBU PRINCE CLUB セゾンゴールドの年会費15,000円は、少々高い部類に入ります。

一般カードは、AMEX以外は年会費無料です。AMEXを選んだ場合、以下の特典があります。

  • 最高3,000万円の海外・国内旅行傷害保険
  • 最高100万円のショッピングプロテクション
  • 海外利用時プリンスポイント2倍

プリンスホテルに関する特典

SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン/ゴールドは、西武グループのクレジットカードですので、同グループのサービスが色々と付帯します。

とはいえ、何といってもプリンスホテルのサービスが 付帯することが、大きいでしょう。そこで、まずはプリンスホテルの付帯サービスから順に紹介します。

プリンスステータスサービス

西武グループの中の中核事業の一つである、プリンスホテル&リゾーツでは、プリンスステータスサービスという、プリンスホテルだけに特化したロイヤルティプログラムがあります。

プリンスステータスサービス ロゴ

プリンスステータスサービスには、3つのステータスがあります。下から順に、

  • ブルーステータス
  • ゴールドステータス
  • プラチナステータス

です。

SEIBU PRINCE CLUBカード セゾンの保有者は、プリンスステータスサービスのブルーステータスに自動的になります。

SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン ゴールドの保有者は、プリンスステータスサービスのゴールドステータスとなります(正確に言うと、ゴールドステータスのサービスを受けることができるということ)。

 

プリンスステータスサービスで、ゴールドステータスを取得するには、ざっくり言うと、プリンスホテル&リゾーツで、年間約20万円支出しないと獲得できない資格です。しかも、1年間の有期ステータスなので、継続的に資格を確保するためには、毎年20万円程度の利用が必要です。

それが、年会費15,000円(税抜)のSEIBU PRINCE CLUBカード セゾン ゴールドを保有していれば、プリンスホテルでの支払い実績にかかわらず、ゴールドステータスが保証されるのです。

プリンスステータスサービスの詳細については、以下の記事をご覧ください。

 ⇒ プリンスホテル会員プログラム【プリンスステータスサービス】とは?

 

プリンスホテル アーリーチェックイン/レイトチェックアウト

SEIBU PRINCE CLUBカード セゾンを保有していると、レイトチェックアウトのサービスがあります。さらに、SEIBU PRINCE CLUBカード セゾンゴールドの場合は、アーリーチェックインサービスが加わります。

ホテルにより、チェックインの前倒し・チェックアウトの延長時間は決まっていて、以下の表のようになっています。

ホテル ゴールド 一般/ゴールド
アーリーチェックイン レイトチェックアウト
通常 サービス 通常 サービス
ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町 3:00P.M. 12:00NOON 12:00NOON 3:00P.M.
ザ・プリンス パークタワー東京 2:00P.M. 1:00P.M. 12:00NOON 3:00P.M.
ザ・プリンス さくらタワー東京 3:00P.M. 12:00NOON 12:00NOON 3:00P.M.
ザ・プリンス 箱根芦ノ湖 3:00P.M. 1:00P.M. 11:00A.M. 2:00P.M.
ザ・プリンス ヴィラ軽井沢 3:00P.M. 1:00P.M. 11:00A.M. 3:00P.M.
ザ・プリンス 軽井沢 3:00P.M. 1:00P.M. 12:00NOON 3:00P.M.
グランドプリンスホテル高輪 2:00P.M. 12:00NOON 11:00A.M. 2:00P.M.
グランドプリンスホテル新高輪 2:00P.M. 12:00NOON 11:00A.M. 2:00P.M.
グランドプリンスホテル京都 2:00P.M. 12:00NOON 11:00A.M. 2:00P.M.
グランドプリンスホテル広島 2:00P.M. 1:00P.M. 11:00A.M. 3:00P.M.
東京プリンスホテル 2:00P.M. 1:00P.M. 11:00A.M. 2:00P.M.
品川プリンスホテル 2:00P.M. 12:00NOON 11:00A.M. 3:00P.M.
新宿プリンスホテル 1:00P.M. 12:00NOON 11:00A.M. 3:00P.M.
サンシャインシティプリンスホテル 2:00P.M. 12:00NOON 11:00A.M. 3:00P.M.
川越プリンスホテル 2:00P.M. 12:00NOON 11:00A.M. 3:00P.M.
新横浜プリンスホテル 2:00P.M. 12:00NOON 11:00A.M. 3:00P.M.
鎌倉プリンスホテル 3:00P.M. 2:00P.M. 12:00NOON 1:00P.M.
大磯プリンスホテル 3:00P.M. 12:00NOON 12:00NOON 2:00P.M.
箱根園コテージウエスト 3:00P.M. 1:00P.M. 11:00A.M. 2:00P.M.
箱根園コテージキャンピング 3:00P.M. 1:00P.M. 11:00A.M. 2:00P.M.
箱根仙石原プリンスホテル 3:00P.M. 2:00P.M. 11:00A.M. 1:00P.M.
龍宮殿 - - 10:00A.M. 11:00A.M.
下田プリンスホテル 3:00P.M. 2:00P.M. 11:00A.M. 12:00NOON
川奈ホテル 4:00P.M. 3:00P.M. 11:00A.M. 12:00NOON
苗場プリンスホテル 2:00P.M.または3:00P.M. 9:00A.M. 冬=10:00A.M.または11:00A.M.
春~秋=お問合せ
冬=12:00NOONまたは11:00A.M.
春~秋=お問合せ
軽井沢プリンスホテル(イースト) 3:00P.M. 1:00P.M. 12:00NOON(ホテル)
11:00A.M.(コテージ)
3:00P.M.
軽井沢プリンスホテル(ウエスト) 3:00P.M. 1:00P.M. 11:00A.M. 3:00P.M.
軽井沢浅間プリンスホテル 5:00P.M. 3:00P.M. 3:00P.M. 5:00P.M.
嬬恋プリンスホテル 3:00P.M. 1:00P.M. 12:00NOON 3:00P.M.
万座プリンスホテル 3:00P.M. 2:00P.M. 夏=12:00NOON
冬=11:00A.M.
3:00P.M.
万座高原ホテル 3:00P.M. 2:00P.M. 夏=12:00NOON
冬=11:00A.M.
3:00P.M.
志賀高原プリンスホテル 3:00P.M.
(西館ツイン=4:00P.M.)
1:00P.M. 11:00A.M.
(西館ファミリールーム・南館ツインB・ツインC10:00A.M.)
3:00P.M.
十和田プリンスホテル 3:00P.M. 2:00P.M. 11:00A.M. 2:00P.M.
雫石プリンスホテル 3:00P.M. 1:00P.M. 12:00NOON 夏=5:00P.M.
冬=3:00P.M.
札幌プリンスホテル 2:00P.M. 1:00P.M. 11:00A.M. 3:00P.M.
富良野プリンスホテル 3:00P.M. 2:00P.M. 12:00NOON 2:00P.M.
新富良野プリンスホテル 3:00P.M. 2:00P.M. 12:00NOON 2:00P.M.
函館大沼プリンスホテル 3:00P.M. 1:00P.M. 12:00NOON 3:00P.M.
釧路プリンスホテル 2:00P.M. 12:00NOON 11:00A.M. 3:00P.M.
屈斜路プリンスホテル 2:00P.M. 12:00NOON 12:00NOON 3:00P.M.
びわ湖大津プリンスホテル 2:00P.M. 1:00P.M. 11:00A.M. 3:00P.M.
日南海岸南郷プリンスホテル 3:00P.M. 2:00P.M. 12:00NOON 3:00P.M.

上記の表から、年会費無料のSEIBU PRINCE CLUBカード セゾンを保有しているだけで、例えばプリンスホテルの新たなフラッグシップホテルである「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町」のチェックアウトが3時間も延長できることがわかります。通常11時のチェックアウトを4時間延長して15時までとするホテルも結構あります。

このように、SEIBU PRINCE CLUBカード セゾンは年会費無料ながら、チェックアウトの延長に関しては、非常に強力なのです。

さらに、SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン ゴールドを保有していれば、チェックアウトも早めることができます。先ほど例に出した、ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町であれば、通常15時チェックインのところを12時にまで早めることができます。SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン ゴールドは、チェックアウトの延長もできますので、このカードを保有していれば前と後ろで合計6時間も滞在を延長することができます。

3アワーズフリープログラムとの比較

ここで、プリンスステータスサービスのゴールドステータスの人に与えられる3アワーズフリープログラムと比較してみましょう。3アワーズフリープログラムとは、プリンスステータスサービスのゴールドステータスの会員向けのサービスで、通常のチェックイン、チェックアウトの前後に、任意で合計3時間までアーリーチェックイン、レイトチェックアウトをリクエストできるサービスです。

 

年会費無料のSEIBU PRINCE CLUBカードセゾンは、チェックアウトの延長のみのサービスですが、その時間は3時間、4時間のものもあります。3アワーズフリープログラムに勝るとも劣りません。 

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾンゴールドになれば、さらにアーリーチェックインが付加されますので、3アワーズフリープログラムを凌駕していると言えましょう。

 

先述しましたが、SEIBU PRINCE CLUBカードセゾンゴールドを保有すれば、プリンスステータスのゴールドステータスのサービスが利用できます。一方、SEIBU PRINCE CLUBカードセゾンゴールドは、クレジットカードの特典として、より強力なアーリーチェックイン/レイトチェックアウトサービスが付帯されます。

では、SEIBU PRINCE CLUBカードセゾンゴールドホルダーにとり、3アワーズフリープログラムは、意味が無いのでしょうか?

結論からいうと、意味がないわけではありません。要は使いようです。3アワーズフリープログラムは、3時間という時間を片方だけに寄せることが可能です。

例えば、ザ・プリンス軽井沢に泊まるとします。チェックアウトの日は、朝から活動するので延長のニーズは無い。逆にチェックインの日は、なるべく早くチェックインして、ホテルで休みたいとします。クレジットカードのサービスである、アーリーチェックインでは、13時までしかチェックインを早められません。ここで、3アワーズフリープログラムを使えば、通常15時のチェックインを12時までに早めることが出来ます。(但し、1滞在で3アワーズフリープログラムとクレジットカードのアーリーチェックイン/レイトチェックアウトを併用することはできません)。

また、箱根湯の花プリンスホテル、龍宮殿、三養荘は、3アワーズフリープログラムの対象である一方、クレジットカードのアーリーチェックイン/レイトチェックアウトの対象となっていません。これらの施設でより長い滞在をしたい場合は、3アワーズフリープログラムを利用することになります。

プリンスホテル その他の特典

アーリーチェックイン、レイトチェックアウト以外のプリンスポイント関連の特典の中で、金銭的価値がわかりやすいものを集めてみました。

ホテル名 一般/ゴールド

ゴールド

ご愛読新聞サービス ウエルカムドリンクサービス お休み前のターンダウンサービス ミネラルウォーターサービス【注2】 スパ・エステの特別料金サービス【注3】
ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町 ○(注5) -
ザ・プリンス パークタワー東京 -
ザ・プリンス さくらタワー東京 -
ザ・プリンス 箱根芦ノ湖 - 10%OFF
ザ・プリンス ヴィラ軽井沢 ○(注3) 10%OFF
ザ・プリンス 軽井沢 ○【注2】 10%OFF
グランドプリンスホテル高輪 - -
グランドプリンスホテル新高輪 - -
グランドプリンスホテル京都 - -
グランドプリンスホテル広島 - (平日のみ)10%OFF
東京プリンスホテル - - -
品川プリンスホテル - - -
新宿プリンスホテル - - -
サンシャインシティプリンスホテル - - -
川越プリンスホテル - - -
新横浜プリンスホテル - - -
鎌倉プリンスホテル ○(10-18時) - -
大磯プリンスホテル - - - -
箱根園コテージウエスト - - - -
箱根園コテージキャンピング - - - -
箱根仙石原プリンスホテル - - - -
下田プリンスホテル - - - -
川奈ホテル - - -
苗場プリンスホテル - - - -
軽井沢プリンスホテル(イースト・ウエスト) ○【注2】 - ○(コテージを除く) 10%OFF
軽井沢浅間プリンスホテル - - 10%OFF
嬬恋プリンスホテル - - - -
万座プリンスホテル - - - -
万座高原ホテル - - - -
志賀高原プリンスホテル - - - -
十和田プリンスホテル - - - -
雫石プリンスホテル - - - -
札幌プリンスホテル - - - -
富良野プリンスホテル - - - -
新富良野プリンスホテル - - - -
函館大沼プリンスホテル - - - -
釧路プリンスホテル - - - -
屈斜路プリンスホテル - - - -
びわ湖大津プリンスホテル - - -
日南海岸南郷プリンスホテル - - - -

 

この中だと、ゴールドメンバーのウェルカムドリンクが嬉しいですね。チェックインの時にドリンク券が配布されますので、それを利用すれば、施設内でお茶ができます。

ウェルカムドリンクのドリンク券4枚の写真

ホテルですから、お茶と言っても4人で利用すれば、3,000円程度になります。それが、無料になるので結構お得です。

プリンスホテル以外の特典

この記事では、プリンスホテル利用時の特典を中心に解説してきました。それ以外にも、西武グループの特典が数十種類あります。

例えば、両カードは西武鉄道のハウスカードでもあるので、両カードともPASMOのオートチャージが可能(セゾンカードとしては唯一)です。

また、豊島園、西武園ゆうえんち、アクアパーク品川などのレジャー施設が割引になります。

両カードに関する全ての特典を確認するには、下記の公式HPをごらんください。

club.seibugroup.jp

  

実は手厚いSEIBU PRINCE CLUBカードセゾンゴールドの付帯保険 

年会費10,000円クラスのゴールドカードでは、最高5千万円程度の海外・国内旅行傷害保険が付与されるのは一般的です。また、海外について、家族特約が付与されていることも珍しくはありません(但し、最高保証額は下がりますが)。

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾンゴールドも、最高5千万円の海外・国内旅行傷害保険(全額自動付帯)が付与されています。ここまでは他のゴールドカードと同様です。

しかしSEIBU PRINCE CLUBカードセゾンゴールドが優れている部分は、国内旅行傷害保険に家族特約が付いていることです。 

  本人 家族
傷害死亡・後遺障害 5,000万円 1,000万円
入院日額 5,000円 5,000円
通院日額 3,000円 3,000円

 

このカードの保険の説明書には、家族の定義として以下のように記載があります。

家族の範囲は、本会員の配偶者、本会員または配偶者と生計をともにする同居の親族、本会員または配偶者と生計をともにする別居の未婚のお子様です。

年齢制限がないので、仕送りしている別居の大学4年生も付保対象です。

しかも、自動付帯。別居の大学4年生の息子・娘が気ままに旅行に出かけても、自動的に保険でカバーできているのです。

 

参考までに、三井住友ゴールドカードの保険の条件を見てみましょう。

  • 海外死亡障害・後遺障害 ・・・ 5,000万円(自動付帯1,000万円・利用付帯4,000万円)
  • 海外死亡障害・後遺障害(家族)・・・ 1,000万円(自動付帯)
  • 国内死亡障害・後遺障害 ・・・ 5,000万円(自動付帯1,000万円・利用付帯4,000万円)
  • 国内死亡障害・後遺障害(家族)・・・ 対象外

繰り返しになりますが、SEIBU PRINCE CLUB セゾンゴールドの場合は、死亡障害・後遺障害は、国内外両方とも5,000万円全額自動付帯。家族の場合は、国内外1,000万年全額自動付帯です。 

 

SEIBU PRINCE CLUB カードセゾン/ゴールドはどんな人が持つ?

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン

西武鉄道の利用者で、PASMOのオートチャージをしたい方は、このカードしか選択肢がありません。私も、このカードを発行した直接のきっかけは、PASMOオートチャージです。

SAISONカードの大ファンで、SAISONカードで、PASMOのオートチャージをしたい方も、選択肢はこのカードしかありません。

プリンスホテルを中心とした、SEIBUグループの特典も、そこそこあります。ですので、たまにはプリンスホテルを使う程度の方であれば、年会費も無料ですし、持っていて損は無いと思います。

SEIBU PRINCE CARDセゾンゴールド

プリンスホテルのヘビーユーザーであれば、このカードを持つ価値は出ると思います。アーリーチェックインやウェルカムドリンクで、年会費15,000円は回収できると思います。

逆に、それほどプリンスホテルは使わないという方であれば、このカードを持つ意味は無いと思います。年会費無料のSEIBU PRINCE CLUBカードセゾンに留め、年会費10,000円の他のゴールドカードを持った方が良いと思います。

ちなみに、私が保有しているのは、ゴールドです。

私のSEIBU  PRINCE CLUBカードセゾンゴールドの券面

 

ではまた!

 

【このブログのその他の記事】

 ⇒ プリンスポイントの貯め方 ~ 誰でも出来るこんな方法

 ⇒ プリンスポイントの使い道 ~ 宿泊券への交換が絶対お得!

 ⇒ PARCOカードクラスSはラフォーレホテル&リゾーツ6千円引き

 

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。Google Analyt
icsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善の為に使用させていただくものとします。なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。Googleによるデータの使用に関しては「ポリシーと規約」をご覧ください。