1000のマイルも1から

ANAマイルとプリンスポイントを貯めてます。ふるさと納税・クレカの話題も詰まってます。

【テンタメ】タイ料理100%還元案件。残り1名を記念スクショ。

 こんにちは、gaotsuです。今日は、ここ数日テンタメで予告されていたヤマモリのタイ料理案件の解禁日でした!

テンタメの「ガパオ」キャンペーン画像。2月27日テンタメ登場

 

1,800名と2,000名 の募集にも拘わらず、恐らく1時間半程度で募集終了。私は、タイミングよく両方申し込むことができました。

 

ヤマモリについて

この商品を製造・販売しているのは、三重県桑名市に本社を構える「ヤマモリ株式会社」。テンタメでは、過去「鴨せいろつゆ」「パエリヤの素」などの案件が取り扱われています。ブログ記事にはしませんでしたが、「鴨せいろつゆ」は申込に成功しました。

この会社、タイ料理に非常に力を入れていて、HPをチェックしたら、以下のような下りがありました。

タイの食文化を日本へ、日本の食文化をタイへ。


ヤマモリのタイにかける思いは、「タイと日本の食の架け橋」になる事です。食べ物は言葉の壁を越えた、万国共通のコミュニケーション手段です。食を通して、「タイと日本の架け橋」になれれば、なりたい、なるんだ。そんな思いで、ヤマモリは日本国内で、タイで、がんばっています。

 この思いを踏まえると、今回の製品はかなり期待できそうですね。

 

ガパオについて

ガパオについての説明画像があったので、貼っておきます。以前から、この名前を聞いたことある方、いるのではないでしょうか?

私は、大学の時の卒業旅行はタイに行ったので、現地で食べたことを覚えています。

日本の炒飯に似ていて、すごく食べやすかったです。

ガパオについての説明画像

 

今回の案件の条件

今回も例の如く、申込は、Gポイントでしました。下記の案件の条件の説明画像もGポイントのものです。

f:id:gaotsu:20170227224216p:plain

温めるだけのガパオごはん 案件画像

 

両方とも料理はガパオですが、温めるだけのレトルトが357ポイント、鶏肉は自前で準備し、混ぜて炒めるガパオの素が216ポイント。両方合わせて573ポイント。どちらも100%還元案件です。

ポイントの絶対額としては、全然たいしたことないのですが、こういう日常的な商品の100%還元案件が私は好きなんですよね。

ところで、商品の購入先に関して、レトルトは推奨チェーンですが、ガパオの素は指定チェーンになっているので注意が必要です。

コンビにではなく、食品スーパーで購入することになるので、テンタメ側が想定している小売価格より、安く購入できる場合があります。貰えるポイントは、額が固定されているので100%以上の還元率になる期待が持てます。

 

応募状況

上記の案件の条件説明の画像を見て頂ければわかりますが、私が応募したときは、まだ余裕でした。それぞれ、440/1,800人、570/2,000人ですから。時間は、ちょうど14時でした。

そして、あれよあれよという間に応募が積み上がり、レトルトは14時44分に残り1人になりました。

ガパオごはんの応募枠残り1名となっている画像

 

ガパオの素が残り1人になったのは、15時02分でした。

ガパオの素の応募枠残り1名となっている画像

 

レトルトの方は、44分で1,360人、ガパオの素の方は62分で1,430人が応募したことになります。

こんなハイペースでは、気づいた時には応募締切という方が多数いらしゃったのではないでしょうか?

ちなみに、Gポイントから、今回の案件を案内するメールが来ました。時刻は15時28分。もう応募締め切っています。完全に間抜けな案内と化しました。

Gメールからのヤマモリ案件案内メール

最後に

さて、申込は済んだので、後は購入です。まだ2週間以上あるので、なんとか入手はできると思います。

もし、食べておいしかったら、食レポとしてこの記事に追加します(笑)。

それでは。

 

【このブログのその他の記事】

 ⇒ テンタメの基本的な使い方&抜け目ない(賢い主婦的?)使い方

 ⇒ 大量マイルをリピート - ファンくる外食モニター入門

 ⇒ ふるさと納税でポイントを3重取りする方法

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。Google Analyt
icsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善の為に使用させていただくものとします。なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。Googleによるデータの使用に関しては「ポリシーと規約」をご覧ください。