1000のマイルも1から

ANAマイルとプリンスポイントを貯めてます。ふるさと納税・クレカの話題も詰まってます。

SFC修行4月解脱★12便中9便でプレミアムクラス利用

こんには、gaotsuです。

1月に3週末を使ったSFC修行を実施し、22,184プレミアムポイントを獲得しました。

2月・3月は、ちょっと運賃が高いなと思ったのでお休み。4月1日、4月8日の2週は家庭の事情で飛べないので、4月15日の週末から修行再開としました。

滝に打たれる修行僧のイラスト

2月に入ってから、フライトの予約をしてみると、GWの前半に差し掛かる29日の週末を含め、プレミアム旅割28を思った以上に押さえることが出来ました。

結果、4月の3回の週末で獲得見込みのプレミアムポイントは27,932ポイント。1月獲得済みのプレミアムポイントを加えると合計50,116ポイントとなります。

ANAプレミアムメンバーのプラチナサービスを受けるために必要な、50,000プレミアムポイントを達成見込みです!

 

4月SFC修行の全行程と解説

4月の3週末を利用した、SFC修行の行程は、以下のとおりです。正確に言うと、各週末とも金曜の夜行動を開始します。 

相変わらず、那覇・羽田線を中心とした、観光ゼロの行程です。

日付便名出発到着券種チケット代PPPP単価
4/14
(金)
479 羽田
20:00
那覇
22:45
55 ¥13,990 1,476 ¥9.48
4/15 460 那覇
7:55
羽田
10:15
P28 ¥24,990 2,860 ¥8.74
471 羽田
11:30
那覇
14:15
P株 ¥30,190 2,860 ¥10.56
470 那覇
15:00
羽田
17:25
P28 ¥24,990 2,860 ¥8.74
4/21
(金)
479 羽田
20:00
那覇
22:45
55 ¥13,990 1,476 ¥9.48
4/22
(土)
1200 那覇
7:10
福岡
8:45
P28 ¥17,500 1,742 ¥10.05
1205 福岡
10:00
那覇
11:40
P28 ¥17,500 1,742 ¥10.05
2158 那覇
12:20
成田
15:00
P28 ¥25,140 2,860 ¥8.79
4/28
(金)
479 羽田
20:00
那覇
22:45
P株 ¥30,190 2,860 ¥10.56
4/29 460 那覇
7:55
羽田
10:15
P28 ¥24,990 2,860 ¥8.74
469 羽田
10:45
那覇
13:30
55 ¥15,190 1,476 ¥10.29
470 那覇
15:00
羽田
17:25
P28 ¥24,990 2,860 ¥8.74
合計 ¥263,650 27,932 ¥9.44

 

(1月の実績はこちら)

 ⇒  【SFC修行1月の実績】金曜夜羽田発・那覇一泊のスタイル

 

全週末共通の行程

1月も同様でしたが、4月も全ての行程を金曜20時に那覇に向かう、479便で開始しています。唯一のバリエーションは、4/28(金)は、プレミアム株主優待割引を使っている点です(1月のSFC修行を含め、ディナーのGOZENにありつける唯一の機会!)。

この行程を組むと、那覇(22:45着)で一泊することとなりますが、4月も1月に利用したカプセルイン沖縄を予約しています。

 ⇒ 一泊2,800円朝食付き - カプセルイン沖縄の使い方

 

土曜朝に那覇にいる優位性

金曜日の夜に那覇に入っているため、土曜日の朝は那覇が起点になります。これは、非常に大きなアドバンテージとなります。那覇を朝出発する便のプレミアム旅割28が、容易に押さえることができるからです。

実際、4/15と4/29に460便(那覇7:55発羽田10:15着)のプレミアム旅割28を購入することができました。

 

4/22は少し変化球にしました。那覇と福岡の往復を両便ともプレミアム旅割28で購入し、12:20那覇発成田行きの2158便に繋ぎました。

羽田・那覇間のプレミアム旅割28は激戦ですが、成田・那覇はそれほどでもありません。競争が緩い割に、獲得できるプレミアムポイントが羽田と同じ2,860ポイントなのは、非常に魅力的です。

(下の画像は、2月19日時点のものです。未だ3席空いています。)

ANA予約画面のスクリーンショット。4月22日2158便のプレミアム旅割28に残席がある。

 

2158便でプレミアム旅割28を確実に押さえつつ、那覇起点で午前中のうちに往復でき、かつ往路・復路ともプレミアム旅割28の設定のある路線は、、、、?その解となったのが、福岡往復だったのです。

 

運よく押さえられた470便のプレミアム旅割28

単なる偶然かもしれませんが、4/15と4/29 の両日で、470便(那覇15:00発・羽田17:25着)のプレミアム旅割28を押さえることができました。

両日とも「2ヵ月+14日前」の時点では、満席でした。

4月15日のフライトの場合、2月1日が「2ヵ月+14日前」に当たります。ところが、4日後の2月5日にANAのサイトを見てみたら、プレミアム旅割28に空きが出てました。下記の画像は、その際撮ったスクリーンショットです。

ANA予約画面のスクリーンショット。4月15日470便のプレミアム旅割28に残席がある。

 

下の画像は、4月29日の状況です。「2ヵ月+14日前」から、数日経ってからのスクリーンショットです。一旦満席になった470便に空きが出ています。

ちなみに460便は全然余裕ですね。460便は、最初から満席になっていません。

ANA予約画面のスクリーンショット。4月29日470便のプレミアム旅割28に残席がある。

 

もう、私は予約競争に参戦することはありませんが、これから修行用フライトを押さえる皆さん、「2ヵ月+14日前」の当日がダメでも、数日経ってから覗いてみると空いているかもしれませんよ。

とりあえず予約はしたけど、何らかの理由で決済をしない人がいるのだと思います。ですので、支払期日の翌日が狙い目かもしれません。

 

締めはプレミアム株主優待割引

4月は全部で12便のフライトです。そのうち、10便の航空券を購入した後、残る2便にはプレミアム株主優待割引を利用しました。 私は、ANAの株式を保有していて、昨年の11月に4枚の株主優待券が届きました。そのうち、2枚は1月に使い、2枚が手元に残っていました。

1枚は4/28の479便(羽田20:00発那覇22:45着)に充てました。値段は30,190円ですが、この日の479便は、旅割55でさえ21,690円ですので、プレミアム株主優待割引の相対的な価値が高いです。

残りの1枚は、4/15の羽田11:30発471便に充てました。

 

1月の修行との比較

4月の修行と1月の修行との比較表作ってみました。自分用の表でもあります。

 1月4月合計
利用週末数 3 3 6
利用便数 12 12 24
プレミアムクラス数 3 9 12
プレミアムクラス割合 25.0% 75.0% 50.0%
獲得PP 22,184 27,932 50,116
PPシェア 44.3% 55.7% 100.0%
航空券代 ¥180,680 ¥263,650 ¥444,330
航空券代シェア 40.7% 59.3% 100.0%
PP単価 ¥8.14 ¥9.44 ¥8.87
PP/便 1,849 2,328 2,088
航空券代/便 ¥15,057 ¥21,971 ¥18,514

 

1月と4月はそれぞれ3週末を利用し、一回4便づつ、計12便を利用したことは共通しています。

しかし、プレミアムクラスの利用割合が4月の方が多いので、1便あたりの獲得プレミアムポイント、航空券代金とも4月のほうが大きくなっています。

 

最終的なPP単価は8.87円となる見込みです。9円を切れるので、まぁよかったなと思います。

 

那覇を起点としたバリエーション

4月22日の行程は、那覇⇒福岡⇒那覇⇒成田となりました。

これ以外に、沖縄を起点とした以下のようなバリエーションも考えていました。実施する必要は無くなりましたが、これから修行をする方の参考のために、記しておきます。

 

三角飛びを混ぜたバージョン 
便名出発到着券種PP
1200 那覇
7:10
福岡
8:45
P28 1,742
1205 福岡
10:00
那覇
11:40
P28 1,742
1694 那覇
13:10
千歳
16:25
P28 3,892
074 千歳
17:30
羽田
19:05
旅割 765
合計 8,141

 

午前中は、那覇・福岡往復プレミアムクラスを利用し、午後から札幌に行ってしまうパターン。ポイントは、1694便のプレミアム旅割28がとれるか否か。

千歳から羽田は、プレミアムクラスの設定がなく、旅割でのプレミムポイントが765ポイントしかつかないのが難点。さらに、この区間のPP単価は十数円となります。

 

石垣から羽田にに帰るパターン 
便名出発到着券種PP
1200 那覇
7:10
福岡
8:45
P28 1,742
1203 福岡
9:10
那覇
10:50
P28 1,742
3745 那覇
11:15
石垣
12:20
旅割 370
090 石垣
12:40
羽田
15:30
P28 3,460
合計 7,314

 

午前中の那覇・福岡往復は他と同じ。那覇に戻ったら、石垣に飛び、090便で羽田に戻るパターン。この通りなら、15時30分に羽田に帰れます。

全ての乗り換え時間が短いです。特に、石垣では乗り継ぎ保証ぎりぎりの20分。石垣のフライトを092便(15時20分発)にすれば、余裕ができますが、091便に比べれば、プレミアム旅割28の取得難易度が格段に上がります。

最後に

4月29日はGWですので、うまい具合にフライトが押さえられるとは思ってませんでした。ですので、解脱はGW明けになると思ってました。

ところが、予想外に順調にフライトが確保でき、4月中の解脱日程を組むことができました。ラッキーでした。

あとは、トラブルなく、無事に全行程を終えられることを願うのみです。

 

【このブログのその他の記事】

 ⇒ 【SFC修行】ANAプレミアムクラス当日アップグレード成功

 ⇒ 【完全解説】ANAマイルをSKYコインに交換し航空券購入まで

 ⇒ 羽田・那覇線航空写真とGoogle Map 3Dとの比較12選

 ⇒ ANAプレミアムクラス機内食Gozen&Sabo3連発

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。Google Analyt
icsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善の為に使用させていただくものとします。なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。Googleによるデータの使用に関しては「ポリシーと規約」をご覧ください。