1000のマイルも1から

ANAマイルとプリンスポイントを貯めてます。ふるさと納税・クレカの話題も詰まってます。

【Gポイントのツボ】交換手数料・モニター案件・友達紹介とか

こんにちは、gaotsuです。

今時の陸マイラーは、ポイントサイトを駆使して大量のポイントを手にし、それをソラチカルートに乗せて、マイルに交換する手法貯が一般的です。
一方、陸マイラーの伝統的手法である、日常の買い物で、マイルの貯まるクレジットカードを利用する方法も根強く残っています。

実際に、陸マイラーが持つべき定番クレジットカードと言われているものが、存在しています。ショッピング決済で、マイルがお得に獲得できるカードですね。

一般的には、ANA VISAワイドゴールドカードが筆頭格。ついで、Extreme Cardというのが相場です。

そして、この二つの定番カードには、共通点があります。両カードとも、ポイントをマイルに交換するのに、一旦Gポイントを経由する必要があるのです。従って、多くの陸マイラーは、Gポイントの会員となっています。

Gポイントのロゴ

折角持っている会員資格。どんな使い道があるか、過去記事を使いながら、まとめてみました。

Gポイントのポイント交換

最初に書いた通り、ANA VISA ワイドゴールドカード、Extreme Cardを日常の決済に利用してマイルを貯める場合、Gポイントを使うことになります。

それだけだったら、話はそれで終わってしまうのですが、一つ問題があります。ソラチカルートに乗せるために、Gポイントをメトロポイントに交換する際、5%の交換手数料がかかります。従って、交換するポイントが多ければ、手数料もその分多くなってしまいます。

一方で、交換手数料が返還される制度も、整備されています。交換手数料還元対象の広告案件を実施することです。結論から言うと、当ブログのオススメ広告案件は、ふるなびです。Gポイントでふるなびを使って、ふるさと納税を実施するのです。

この件については、下記の記事で詳細を解説していますので、ご覧ください。

 ⇒ Gポイントのポイント交換手数料還元はふるさと納税で決まり!

 

モニター案件の実施

マイルを貯める手法の一つとして、商品モニター、外食モニターがあります。商品モニターの元締めの代表格はテンタメとファンくる、外食モニターの元締めの代表格は、ファンくるです。Gポイントは、両方と提携している数少ないサイトの一つです。陸マイラーがよく利用するサイトで、両方と提携しているサイトは、他にはちょびリッチくらいしかありません。

ちなみに、Gポイントのモニター案件は、Gポイント〇得調査員というコーナーにまとめられています。

Gポイント〇得調査員のバナー。男女調査員の絵。

 

このメリットを生かして、テンタメとファンくるの案件を、Gポイントで実施するのもありです。

テンタメ

テンタメ案件をGポイントで実施するメリットは、最低交換ポイント数を大幅に下げられることです。600円相当から100円相当へ1/6になります。詳しくは、下記の記事をご覧ください。

 ⇒ 寿命3時間?テンタメ100%還元案件をGポイントで申込

なお、テンタメ案件の場合は、同じ案件を自社サイトを含め、複数サイトで申し込むことはできません。

ファンくる

テンタメ案件と違い、同じ案件をファンくる本体とGポイントで実施することが可能です。これは、外食モニターも含みます(実施経験はないですが、仕組み的にできるはず)。詳しくは、下記の記事をご覧ください。

 ⇒ 【ファンくる】先行応募で当選したお店が未だ募集していた場合

 ⇒ サイト横断でポイント獲得できるか? - Hello ソフトパックティッシュ案件

 

なお、モニター案件は、ポイント交換手数料還元対象案件にはなりません。ちょっと残念。

 

買い物サイトとしてのGポイント

参考までに、定番サイトである楽天市場、Yahoo!ショッピングの還元率を見てみましょう。

楽天市場の広告バナー。還元率0.5%。

Yahoo!ショッピングの広告バナー。還元率0.5%

 

Gポイントでは、両サイトとも0.5%です。多くの陸マイラー御用達サイトが、1%以上確保している中、その半分はちょっと寂しいですね。

 

友達紹介制度

ここで、Gポイントの友達紹介制度について紹介させてください。

Gポイントには、友達紹介制度があります。そして、これが友達紹介制度の雄、ハピタスのそれによく似ているのです。

まずは、紹介人数と還元率の表です。10%から始まり最大で40%となります。

紹介人数と還元率

 

参考までに、ハピタスの紹介人数と還元率の表を貼っておきます。

ハピタスの紹介人数と還元率

 

10人未満は、Gポイントの方が厳しめですが、10人以上は同じです。ちなみに、友達紹介対象外広告が無いことも、共通しています。

ハピタスは、ポイント交換の上限を毎月30,000ポイントに制限していますが、Gポイントにはその類の制限はありません。

 

お友達の会員登録完了時に、紹介者とお友達それぞれに50ポイント(50円相当)づつ付与されます。紹介者向けのポイントは、控えめですね。

 

最後に

陸マイラーにとって、Gポイントは会員登録せざるを得ないサイトです。かつ、何かしらの案件も実施しなければなりません。

であれば、有効な使い道を考えようというのが、この記事のコンセプトです。Gポイントとは、色々な付き合い方があると思いますが、多少なりとも、参考になればとお思います。

 

よろしければ、Gポイントへの会員登録は、下記のバナーをご利用ください。50ポイント(50円相当)が付与されます。

Gポイント

 

関連記事

定番カードNo.1 ANA VISAワイドゴールドカードの紹介

 ⇒ マイル還元率1.7%超 - ANA VISAワイドゴールドカードとは 

定番カードNo.2 Extreme Card

 ⇒ マイルだけじゃない!Extreme Cardは最強マルチポイントカード

1番多いGポイントへの交換パターン

 ⇒ ANA VISAカードのボーナスポイントをGポイントへ交換する

ところで、ハピタスの友達紹介

 ⇒ ハピタス友達紹介制度の威力

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。Google Analyt
icsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善の為に使用させていただくものとします。なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。Googleによるデータの使用に関しては「ポリシーと規約」をご覧ください。