1000のマイルも1から

プリンスポイントとANAマイルを貯めてます。自分が実践してみたものを中心に綴ってます。

プリンスステータスサービスの会員誌「ESCORT」の紹介

プリンスステータスサービスの上級会員(プラチナ会員、ゴールド会員)になると、四半期に一度、会員誌が届きます。その名も「ESCORT」。

ESCORT Vol.17 表紙

使われている紙の質や毎号登場するゲストを考えると、そこそこお金をかけて制作されている雰囲気。手に取ると、自分は上級会員なんだと思わせてくれるアイテムの一つです。今日は、それを紹介したいと思います。

ESCORTの配本

冒頭で記載しましたが、ESCORTは、プリンスステータスサービスのゴールド会員以上になると、年4回無料で配本されます。配本時期は以下のとおり。

春夏号 ・・・ 5月末

夏秋号 ・・・ 8月末

秋冬号 ・・・ 11月末

冬春号 ・・・ 2月末 

配布形態は、製本とWeb版の2種類です。

製本版は、待っていれば自宅に届きます。

Web版は、SEIBU PRINCE CLUBのHPから閲覧します。

SEIBU PRINCE CLUBのトップページに入ったら、下にスクロールします。「プリンスホテルズ&リゾーツからのご案内」というコーナーがあります。

SEIBU PRINCE CLUBのトップページに入り、下にスクロールし「プリンスホテルズ&リゾーツからのご案内」を表示したところ。

その中に、「【ゴールドメンバー・プラチナメンバーさま限定】会報誌「ESCORT No.xx」e-book のご案内」というエントリーがあるので、それをクリックします。見つからなかったら、「すべて表示」をクリックします。

【ゴールドメンバー・プラチナメンバーさま限定】会報誌「ESCORT No.17」e-book のご案内」を表示したところ。

クリックすれば、Web版が閲覧できるようになります。ここまでの操作はPC/スマホとも同様です。ただし、PCはフラッシュ、HTML5で閲覧できますが、スマホはHTML5のみです。

スマホ版 ESCORT Vol.17 閲覧画面

 

ESCORTには、通し番号が付いています。最新は、Vol.17。私は、2015年春夏号Vol.9から配本を受けています。

ESCORT Vol.9 ~ Vol,17 表紙

遡れば、創刊号であるVol.1は、2013年の春夏号だったと思われます。

ESCORTのコンテンツ

高級感ある装丁

ESCORTは、A4判で、毎回50ページ強~60ページ強のボリュームです。

上質な紙に印刷されており、それだけで高級感があります。私は、所謂会員向け雑誌として、セゾンカードのゴールド会員向けの「express」とVISAのゴールド会員向けの「VISA」も毎月受け取っていますが、紙の質は明らかにESCORTの方が上です。

そのため、ESCORTの写真は非常に綺麗で、文章を読まなくても、写真を眺めているだけでもOKです。

特に、料理の写真は、アップで撮影されることが多く、細部に至るまで綺麗に表現され、上質紙の本領が発揮されています。

プリンスホテル&リゾーツの情報満載

ESCORTは、プリンスステータスサービスの上級会員向けの会員誌なので、プリンスホテル&リゾーツの情報が満載されています。 

これから迎える季節のネタ、個別の施設のリニューアルなどの状況を考慮して、毎号フォーカスするホテルやレストランが決まっています。

年4回発行しても、ネタが切れず、一定のクオリティを保っているのは、国内でも40施設以上の施設を運営し、しかも、リゾートホテルからシティホテル、北は北海道から南は九州、海辺の施設から山間部の施設まで運営している、プリンスホテル&リゾーツの強みと言って良いでしょう。

例として、最近4回分(1年分)のテーマを、紹介します。全て、その号の表紙に記載されていたフレーズです。

  • 2017 春夏号 Vol. 17

    ESCAPE to OISO 大磯の夏。楽園への逃避行。

    「本当のクラス」とは何か、がここに。毎日を特別に彩る場所、高輪レストランの今。

  • 2017 冬春号 Vol. 16

    大地の雫石 水辺の十和田 東北Nostalgia 爽快Journey

    勝負、挑戦、そしてもちろん楽しむ。ゴルフは人生を豊かにします。 GOLF 6 STYLES

  • 2016 秋冬号 Vol. 15

    それはまるでフランス トロワバレーを彷彿とさせる世界。ワールドクラスのスノーリゾート志賀高原へ。WORLD CLASS SNOW RESORT SHIGA KOGEN

    日本発のアイスショー。氷上の芸術的エンターテイメント。 Prince Ice World

  • 2016 夏秋号 Vol.14

    ギャラリー、それは価値ある時空間。2016年7月、GRAND OPEN。ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町 The PRINCE GALLERY TOKYO KIOICHO
毎号登場するゲスト

ESCORTでは、毎回著名人のインタビューが掲載されています。大抵は、そのゲストの方のホテルに対する思いなどが、語られています。最新号は、狂言師野村萬斎さんでした。

ESCORT Vol,17紙面上の野村萬斎氏

 

過去のゲストに関しては、所有している全部のESCORTから紹介します。

  • 2017 冬春号 Vol.16 - 神木隆之介
  • 2016 秋冬号 Vol.15 - 大島優子
  • 2016 夏秋号 Vol.14 - 中村勘九郎
  • 2016 春夏号 Vol.13 - 玉木宏
  • 2016 冬春号 Vol.12 - 中村獅童
  • 2015 秋冬号 Vol.11 - 広末涼子
  • 2015 夏秋号 Vol.10 - 江口洋介
  • 2015 春夏号 Vol.9   - 栗山千明

俳優さんが中心ですね。そこそこの地位がある方々ばかりで、結構編集の方も頑張っているのだと思います。  

実際のページの抜粋

百聞は一見に如かず。最後に、実際のページを抜粋してご紹介します。紹介するのは、最新号である2017年春夏号Vol.17です。

小松菜風味のパン粉を纏った舌平目のムーズ詰め フヌイユの香るブールブランソース 彩り野菜のタルティーユ

夏の「大磯ロングビーチ」には二つの過ごし方があります。リュクスなおとなの「モダンリゾート」

大磯プリンスホテル OCEAN VIEW TWIN

夏のリゾートから四季のリゾートへの進化がここに。「THERMAL SPA WAVE」誕生

 

「本当のクラス」とは何か、がここに。毎日を特別に彩る場所、高輪レストランの今。

ブッフェのイメージを覆す、ラグジュアリーブッフェが誕生

受け継がれる王道のレシピ フランス料理ル・トリアノン

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

会員組織というものは、大抵の場合、上級会員向けに会員誌を配布していますね。その場合、上質なものであることが必要です。ESCORTは、その点は合格だと思います。(先述したセゾンのexpressやVISAは、物足りません。)

そういえば、SFCを取得したら、ana-logueという会員誌が届くはずです。どの程度のクオリティか、今から楽しみです。比較対象はESCORTです(笑)。

 

(2017年7月24日 ana-logueが届きました。)

 ⇒ ana-logue(ANAプレミアムメンバー会員誌)が届きました。

 

【その他の記事】

 ⇒ プリンスホテル会員プログラム【プリンスステータスサービス】とは?

 ⇒ SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン/ゴールドの紹介

 ⇒ 複雑なSEIBU PRINCE CLUBの特典を解く

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。Google Analyt
icsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善の為に使用させていただくものとします。なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。Googleによるデータの使用に関しては「ポリシーと規約」をご覧ください。