読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1000のマイルも1から

SFC修行解脱しました!

ふるさと納税で温泉旅行-ぐんま天文台&上里カンターレ

こんにちは、gaotsuです。

12月23日24日の一泊で、ふるさと納税先である、群馬県中之条町へ行ってきました。23日の記録は、昨日記事にしましたので、今日は二日目24日の記録です。

 ⇒ ふるさと納税で温泉旅行-群馬県中之条町四万グランドホテル

 

宿泊先である、四万グランドホテルで朝目覚めて、カーテンを開けるとなんと外は雪!

四万グランドホテルの部屋の窓からの雪景色

 

天気予報で、草津地方が23日の夜から雪との予報で、近隣の四万温泉も雪かもしれないと思っていたのですが、予想通り。ホワイトクリスマスイブとなりました。

車のほうも、旅行直前22日木曜日にスタットレスに履き替えていて、よかったです。

朝食 

朝食会場は、前の晩の夕食と同じ会場、清山館の5Fです。我が家は清祥館の5Fでしたので、階段・エレベーターは利用せず、渡り廊下を歩いて移動しました。窓の外は雪景色。

四万グランドホテルの朝食会場の大広間

 

私のトレーです。寝起きの最初にコーヒーを飲みたかったので、最初はプチ洋食にしました。この後、和食に切り替えがっつり食べました(写真撮影は失念)。

朝食を乗せたプレート

 

洋食はどうしても、どの宿泊施設も同じようになりますね。スクランブルエッグ、ソーセージとかベーコンとか、、、。和食の方がバラエティーに富みます。特に、ここはホテルといっても実質旅館なので、和食にするのが正解だと思います。

 

チェックアウト

四万グランドホテルのチェックアウトの時間は10時です。9時55分まで部屋にいて、チェックアウトに向かいました。ある意味、今回の旅行のメインイベントです。

チェックインの際、念のため中之条町ふるさと寄附感謝券が、清算で利用できるか確認したところ、「現金と同様にお使いいただけます」とのことでした。

実際に、全くそのとおりでした。

下図は、ホテルからの請求書です。割引・クーポンの充当等の項目はありません。宿泊費38,420円 + 夕食時の飲料1,512円 + 入湯税300円で、合計40,232円の請求となっています。

四万グランドホテルの請求書

 

一方、下図はクレジットカード利用の控えです。決済金額は25,232円です。清算の際、15,000円分の感謝券を利用したためです。

四万グランドホテル清算時クレジットカード控え

 

上記二つの証票の金額記載の方法は、15,000円を現金で決済し、残額をクレジットカードで決済した方法と全く一緒ですね。チェックインの際、感謝券は現金と同様の扱いになると説明された通りでした。

中之条町ふるさと寄附感謝券恐るべしです。

 

四万グランドホテル
〒377-0601 群馬県吾妻郡 中之条町四万4228
0279-64-2211

 

下記が、中之条町にふるさと納税をした際の記事です。

 ⇒ ふるさと納税、やってみました。

 

県立ぐんま天文台訪問

チェックアウト後は、県立ぐんま天文台を訪問しました。

山の上に立地する、日本有数の天文台だそうです。小中学生は無料。大人も一人300円と、お財布に優しい施設です。

ぐんま天文台全景

 

敷地内には、人類が過去天体観測に利用した装置を、再現しています。この写真は、ストーンサークル。イギリスに残るストーンヘンジ主要部を再現したもの。サークルの真ん中に立つと、24節気それぞれの日の出・日の入りの方向がわかります。

ぐんま天文台屋外モニュメント

 

施設内の様子です。天文について、色々な説明がされています。お子さん連れの方は、スタンプラリーをするのも手ですね。そうすると、重要な項目は一通りカバーできるはずです。うちの子はそうしていました。

ぐんま天文台内観

 

天文台の象徴、望遠鏡です。これは150㎝です。

ぐんま天文台150cm望遠鏡全体

 

こちらは、一回り小さい65㎝望遠鏡です。

ぐんま天文台65cm望遠鏡全体

 

天候がよければ、望遠鏡を使った昼間の星空観測ができたのですが、ドームに雪が残っており、また風も強く中止でした。太陽の光があるため肉眼では認識できませんが、昼間でも星は出ているそうです(考えてみれば当たり前ですが)。ちょっと残念でした。 

 

天文台へのアクセスには、注意が必要です。建物のそばに駐車場は無いのです。天文台は、山頂にありますが、駐車場は山の中腹にあります。そこから、天文台へは上りの遊歩道を10分程度歩くことになります。

ぐんま天文台駐車場から建物に至る遊歩道

 

雨天の観光の場合、屋内施設訪問が対策の一つとなりますが、ぐんま天文台に関しては、雨天はお勧めしません。

 

県立ぐんま天文台
〒377-0702 群馬県吾妻郡高山村中山6860−86
電話: 0279-70-5300

 

ランチ - 中華料理「金鳳」

天文台を出たのが、13時近くになったので、ランチは通りすがりの適当な店でとることにしました。県道36号線は何もなかったのですが、国道353号線とぶつかる北群馬橋の交差点に中華料理屋があったので、そこに入りました。金鳳というお店です。

中華料理「金鳳」看板

 

店内の様子です。テーブル席以外に小上がりがありました。

中華料理「金鳳」内観

 

子供たちのオーダー、ラーメン&チャーハンセット。長女がラーメン、次女がチャーハンを担当します。

中華料理「金鳳」ラーメン&チャーハンセット

 

私のオーダーは、チャーハン&から揚げセット。ラーメン屋さんでは、ありそうで無い組み合わせですね。から揚げにしっかり味がついていたので、白米のほうがよかったかも。

中華料理「金鳳」チャーハン&から揚げセット

 

妻のオーダー、豚肉ともやしのピリ辛炒め定食。白米多めです。

中華料理「金鳳」豚肉ともやしのピリ辛炒め定食

 

お値段は、750円程度からと良心的です。お会計の際、子供にお菓子が貰えたのがラッキーでした。

 

金鳳 渋川横堀店
群馬県渋川市横堀8-5
0279-53-5166

 

上里SAから行ける上里カンターレ

帰りがてら、以前から一度は覗いてみようと思っていた「上里カンターレ」に行ってみました。関越道からよく見えるこの建物です。

上里カンターレ全景

 

上里SAに車を止め、トイレの間から、外に出ることができます。

上里SAトイレから外に続く通路

 

建物正面。上里カンターレは、スィーツ工場と販売が一体となった施設です。

上里カンターレ 建物正面

 

店内の様子。こちらは1階です。1Fは基本的に販売コーナーです。

上里カンターレ店内の1F様子1

上里カンターレ店内の1F様子2

 

また、試食コーナーがあり、バウムクーヘンとかラスクとかが、試食できます。係員がいないので、ばかばか食べている子供もいました。試食コーナーの壁が、ガラスになっていて、その向こうが工場になっています。ガラス越しに、製造過程を見ることができるのです。

上里カンターレ店内の1F試食コーナー

 

2Fもあります。2Fは主にカフェとキッズスペースです。

上里カンターレ店内の2F

 

1Fにもカフェがあるので、我が家はそちらで一服。

上里カンターレ店内1F コーヒーとココア

上里カンターレ店内1F ケーキ

 

夜に関越を走ると、ライトアップされ、一段と目立つ建物だったのです。今回行けて、よかったです。上里SAに車を止め、歩いて行けるのがポイントですね。でないと、高速を一度降りるのは、ハードル高いですからね。

 

上里カンターレ
〒369-0311 埼玉県上里町勅使河原 1000−2
0120-643-388 

 

最後に 

子供がまだ幼稚園だったころ、外食や外出のブログを書いていました。当時は、1施設1記事のスタイルでした。このブログは外食&お出かけがテーマのブログではないので、1日の活動を1記事にしてみました。そのため、1施設の紹介がかなり大雑把になっています(笑)。ご容赦ください。

今後も、ふるさと納税や他の手法を駆使して、お得な旅行をしていきたいと思います。そしたら、また、ブログで紹介したいと思います。

それでは。

 

【ふるさと納税の関連記事、他にもあります】

 ⇒ ふるさと納税でポイントを3重取りする方法

 ⇒ 楽天ふるさと納税はハピタス経由にしよう

 ⇒ 70,000円なら還元率105%?ふるさと納税のポテンシャル考察

 

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。Google Analyt
icsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善の為に使用させていただくものとします。なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。Googleによるデータの使用に関しては「ポリシーと規約」をご覧ください。