1000のマイルも1から

プリンスポイントとANAマイルを貯めてます。自分が実践してみたものを中心に綴ってます。

ANA VISAカードのボーナスポイントをGポイントへ交換する

こんにちは、gaotsuです。 

私のメインクレジットカードは、ANA VISAワイドゴールドカードです。もちろん効率的にマイルを貯めるためです。

 ⇒ マイル還元率1.7%超 - ANA VISAワイドゴールドカードとは

ANA VISAワイドゴールドカード券面画像

マイルを貯める裏技の一つが、マイペイすリボで意図的に少額の利息を発生させて、ポイントを2倍にする方法です。私も、毎月実践していますので、ボーナスマイルが貯まってきました。

 ⇒ ANA VISAワイドゴールドカード リボ払いの解説

このボーナスマイルも、ANAマイルに交換できますが、三井住友カードのサイト誘導に乗って、ANAマイルに交換してはいけません。1ポイント3マイルにしかならないからです。ボーナスポイントは、必ずGポイントに交換してみましょう。そうれば、ソラチカルート経由で、1ポイント4.4455マイルと48.5%も高い交換比率で、ANAマイルに交換できます。

今日は、その方法を実践してみたいと思います。

GポイントとVISAのポイントを接続する(初回のみ)

実際の交換手続きに入る前に、ANA VISAワイドゴールドカードのアカウントをGポイントのアカウントに紐づけなければなりません。

最初にその手続きの説明をします。手続きは、Gポイントのサイトでおこないます。

まず、Gポイントのトップページで「交換」をタップします。

Gポイントのトップページで「交換」赤枠で囲った画像

 

次のページで、少し下にスクロールして、「他ポイントから交換」をタップ。

他ポイントから交換を赤枠で囲った画像

 

次のページ、上から2つめに、三井住友VISAカードが出てきますので、タップします。

三井住友VISAカードのワールドプレゼントからの交換赤枠で囲った画像

 

するとワールドプレゼントのポイント交換画面に遷移します。 ワールドプレゼント200ポイントが990Gポイントと交換できます。

ワールドプレゼントのポイント交換画面。200ポイントが990Gポイントと交換できることが示されている。

 

 同ページを少し下に下がると、「Gポイントに交換」という青いボタンがありますので、タップします。

「Gポイントに交換」という青いボタンを赤枠で囲った画像

 

初回登録の入力画面になります。この手続きは、初回のみです。「交換したいサービスの会員の方はこちら」をタップします。 

「交換したいサービスの会員の方はこちら」を赤枠で囲った画像

すると、Gポイントのサイトを離れ、三井住友カードのサイト「ワールドプレゼント交換サイト登録」になります。VpassのID、パスワードを入力して、「登録する」をタップします。

三井住友カードのサイト「ワールドプレゼント交換サイト登録」で、「登録する」ボタンを赤枠で囲った画像

 

Gポイントのサイトに戻り、登録が完了です。登録完了画面は、何故かPCサイトになりました。なお、メールでも完了通知がきます。

Gポイントのサイトの登録完了画面。

 

これで、ANA VISAカードのボーナスポイントを、Gポイントに交換する準備ができました。お疲れさまでした。

 

事前準備・事前知識

いよいよ、Gポイントへの交換手続きです。
手元にANA VISAワイドゴールドカードを準備してください。

それと、手続きの途中で不安にならないために、マイルに交換する際のポイントの減算順位も確認しておきます。要するに、どのポイントから先にマイルに交換されるかですね。

ポイントの減算順位を説明している表

 

今回の交換先は、Gポイントであって、ANAマイレージ移行ではありません。従って、ボーナスポイントが真っ先に交換対象となります。次に、プレミアムポイント、最後に獲得ポイント(通常ポイントのこと)が対象となります。

 

ANA VISAカードのボーナスポイント交換

交換手続きは、三井住友VISAカードのクレジットカード管理サイトである、Vpassで行います。同サイトにログインしたら、トップページ左上の「メニュー」をタップします。 

Vpassトップページ。左上の「メニュー」赤枠で囲った画像。

 

メニューが広がりますので、「ポイントを確認・交換する」をタップします。 

広がったメニューで、「ポイントを確認・交換する」を赤枠で囲った画像

 

ポイント残高照会の画面になります。現在のポイント残高は、獲得ポイントが491ポイント、プレミアム・ボーナスポイント残高が842ポイント、合計1,333ポイントです。

ポイント残高照会の画面

 

ボーナスポイント842ポイントの上にも「ANAマイレージ移行」とありますが、これは無視してください。このボタンから、ボーナスマイルを交換すると1ポイント3マイルにしかなりません。罠にはまってはいけません。

 

同じ画面を下にスクロールし、「ポイントを使う」をタップします。

「ポイントを使う」を赤枠で囲った画像

 

「ポイントの交換」という画面になります。この画面を下の方に、スクロールします。「2.マイレージ・ポイント移行」をタップしても良いですが、その後も、スクロールが必要になります。

「ポイントの交換」画面で、「2.マイレージ・ポイント移行」を赤枠で囲った画像

 

ずーっと下に行って、G-Pointのアイコンをクリックします。 

G-Pointのアイコンを赤枠で囲った画像

 

Gポイントへの交換画面となります。手続きを進めるには、「お申込はこちら」をタップします。

Gポイントへの交換画面で、「お申込はこちら」を赤枠で囲った画像

 

尚、上記の画面を少し下にスクロールすると、交換条件が確認できます。1ポイントが4.95Gポイントに交換できます(200ポイント ⇒ 990ポイント)。何で、5Gポイントでなく、こんな中途半端な交換レートなんでしょうね?

交換条件が確認できる「移行サービス内容」の画面

 

手元にカードを準備していると思うので、次のページで、カードの有効期限とセキュリティコードを入力します。  

カードの有効期限・セキュリティコード入力画面

同じ画面を少し下に行って、「次へ進む」をタップします。

「次へ進む」を赤枠で囲った画像

 

次の画面は、ポイント移行サービス申込という画面になります。その画面を下に少しスクロールすると、下図のように、交換するポイントを入力する画面になります。

ボーナスポイントは、842ポイントありました。200ポイント以上100ポイント単位ですので、800と入力し「確認する」をタップ。

なお、どのポイントを交換するかの選択はありません。先述したように、交換するポイントの順番は、ボーナスポイント ⇒ プレミアムポイント  ⇒ 獲得ポイント(通常ポイント)に決まっています。うっかり、獲得ポイントに食い込まないよう注意しましょう。

交換するポイントを入力する画面。800ポイントを入力したところ。

 

 1ポイントは4.95Gポイントなので、800 x 4.95 = 3960です。間違いなければ、「決定する」をタップします。

お申込み内容確認画面。決定するボタンを赤枠で囲っている。

 

これで申し込み完了です。

申込完了画面

 

念のためGポイントの通帳も確認しておきましょう。
間違いなく、付与されていました。

Gポイントの通帳画面。3,960Gポイントへ交換されている。

 

三井住友カードのポイントも確認しておきましょう。
見事にボーナスポイントが842ポイントから、42ポイントに減っています。

三井住友カードのワールドプレゼント確認画面。

 

まとめ

最後に今回の記事のポイントのまとめです。

  • ANA VISAワイドゴールドカードのボーナスポイントは、必ずGポイントに交換する。
  • 初回は、Gポイントのサイトから、VISAのサイトに接続する。
  • Gポイントへの交換は、ボーナスポイントから充当される。100ポイント単位なので、獲得ポイント(通常ポイント)に食い込まないよう注意する。

以上、これから、ANA VISAのボーナスポイントをGポイントへ交換する方へ、多少なりとも参考になればと思います。

マイペイすリボを使った裏技+Gポイントへの交換で、ANA VISAワイドゴールドカードの価値は最大化されます。しっかり、手続きして、マイルをがっつり貯めましょう。

本日も、最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

Gポイントについて、もう少し知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

 ⇒ 【Gポイントのツボ】交換手数料・モニター案件・友達紹介とか

 

【!重要!】

たまったGポイントをメトロポイントに交換する際、5%もの手数料がかかります。下記の記事で、その対策について解説しています。引き続き、ご覧ください。

 ⇒ Gポイントのポイント交換手数料還元はふるさと納税で決まり!

 

【関連記事・参考記事】 

 ⇒ 三井住友VISAマイ・ペイすリボのリボ残設定手続き

 ⇒ マイル還元率1.7%超 - ANA VISAワイドゴールドカードとは

 ⇒ 実践 - マイペイすリボ 増額手続き

 

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。Google Analyt
icsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善の為に使用させていただくものとします。なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。Googleによるデータの使用に関しては「ポリシーと規約」をご覧ください。