読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1000のマイルも1から

SFC修行解脱しました!

ハピタスの使い方、貯め方、機能を徹底解説

こんにちは、gaotsuです。

私は、複数のポイントサイトを使ってポイントを貯めていますが、ハピタスをその中心に添えています。他のポイントサイトは、ハピタスを補完的するものと位置付けています。

ハピタスは、ポイント還元率と紹介制度のバランスがとれた、非常にポイントの貯めやすいサイトです。

札束のイラスト

今回の記事は、そのハピタスの紹介です。

これから、ポイントを貯めよう、マイルを貯めようという人が、この記事をきっかけにハピタスに登録し、ガンガンポイントを貯めていって頂ければ、非常に嬉しいです。 

そもそもポイントサイトって何?

簡単に言うと、「広告のポータルサイト」のようなものです。

広告主(企業)から受け取った広告費用の一部を、そのサービスを実際に利用してくれた一般消費者(ユーザー)にポイントとして還元するという仕組みです。

広告費には、テレビCMのように、世間に告知することが目的のものと、実際にユーザーに利用してもらうことを目的としたインセンティブがあります。ポイントサイトがユーザーに還元する広告費は、後者にあたります。

ポイントサイトは中規模以上になると、百万人を超えるユーザーを擁しています(大手は数百万人)。企業側からすれば、既に多くのユーザーを抱えているポイントサイトに、ユーザーへのインセンティブとして一定金額の広告費を投下することは、合理的な判断なのです。

こうして、ポイントサイトには、多くの企業が参加しています。その数、数千社。私が広告のポータルサイトと呼んだ所以です。

ポイントサイトにはどんな広告がある?

ポイントサイトの主な使い方は、

  1. 日常の消費活動に、ポイントサイトを絡ませること
  2. 何か、新たなサービスを申し込むときに、ポイントサイトを絡ませること

の2点です。

1についてですが、ポイントサイトには楽天市場、Yahoo!ショッピング、ビックカメラ等数多くの小売り業者が広告を出しています。ポイントサイトを経由して、それらのサイトを利用すると、数%多いときは数十%のポイントが付与されます。このポイントは、楽天市場やYahoo!ショッピング等で付与されるポイントとは別です。つまり、ポイントサイトを経由すると、ポイント二重取りとなるのです。

2についても、様々なサービスがあります。例えば、クレジットカードの発行であれば、ポイントサイトを経由すれば、数千円分のポイントが付与されます。1万円を越えることも珍しくありません。

参考までに、どのような広告案件のカテゴリーがあるか、ハピタスのスマホサイトのスクリーンショットを掲載しておきます。

ハピタスの広告カテゴリー一覧

 

実際に、私も日常の買い物やクレジットカードの発行で、ハピタスを利用しています。参考までに、ハピタスを通じて実施した案件の記事へのリンクを紹介します。

1.日常のお買い物編

 ⇒ 日常のハピタス利用。13本の買い物・サービスで合計4,984ポイント

 ⇒ 最近の買い物@ハピタス - 地道に9件で414マイル

2.サービス申込編

 ⇒ ハピタス単独案件 三井ショッピングパークカードで5400マイル

 ⇒ ハピタスで13,500マイル相当の外為案件 - 申込過程の全て

 

何故ハピタスがお勧めなのか?

ハピタスは、会員150万人以上を擁する中堅~大手のポイントサイトです。

主要なポイントサイトは、数十社に上りますが、私が何故ハピタスを勧めているかというと、

  1. 日常の買い物の還元率が比較的優位
  2. サービス申込案件の中でも高額ポイントの代表格、Forex口座開設とクレジットカード発行でも、その他ポイントサイトと互角以上の戦いをしている
  3. 友達紹介制度は圧倒的に秀逸

というのが主要な理由です。

私自身は、マイルを貯めている所謂陸マイラーです。
陸マイラーの間では、ポイントタウン、ちょびリッチ、GetMoney!、PONEYというサイトが、比較的よく利用されています。それらと比べると、買い物の還元率では、ハピタスが強いのは明確です。過去実際に還元率を調査して、数字の上でも確認しました。

 ⇒ 第3回 ポイントサイト還元率調査結果

 

Forex口座開設とクレジットカード発行案件については、買い物案件ほど他サイトに勝ってはいませんが、決して劣っているわけではなく、互角以上の戦いをしています。

 ⇒ 第1回ポイントサイト クレカ案件・外為案件ポイント調査結果

 

最後に、友達紹介が圧倒的に有利な点です。
各ポイントサイトには友達紹介という制度があります。これは、自分がポイントサイトへ紹介した友達(実際の友達である必要はありません。実際赤の他人であることが圧倒的に多いです)が、獲得したポイントの一定割合(大体10% - 50%)を、紹介したユーザーが将来にわたり受け取れる仕組みです。
なお、お友達のポイントが減るわけではありません。あくまで、ポイントサイト側の負担です。
この仕組みが、ハピタスは圧倒的にすぐれているのです。詳細は、下記の記事をご覧ください。

 ⇒ ハピタス友達紹介制度の威力

 

ハピタスの基本的な使い方

ハピタスには、様々なジャンルがありますが、お目当てのジャンルに辿りつく方法を簡単に説明します。

メニューからカテゴリーを選ぶ方法

トップページからメニューを辿る方法です。下の画像の赤枠で囲った部分が、大まかなカテゴリーです。まずは、ここをクリックします。

ハピタスのトップページ上部

すると、より詳しいジャンルが表示されるので、そこから探しているジャンルをクリックします。

ハピタスのトップページで、下位ジャンル(カテゴリー)が表示された画像

 

すると、下の画像のような形で、広告案件のリストが表示されます。

これは「総合ネット通販・オークション」の例です。左上の方をみるとわかりますが、全部で98件あります。リストは、赤丸で囲ったプルダウンで

  • 人気順
  • 新着順
  • ポイント還元率の高い順
  • 獲得ポイントの多い順

に並び替えることができます。

また、緑の〇で囲った部分をクリックすると、各広告案件の詳しい説明が見れます。

総合ネット通販・オークションの広告リスト

 

上の例で、楽天市場では「商品購入で1%」という説明があります。これは、10,000円のものを楽天市場で購入すると、ハピタスのポイントが100ポイント(100円相当)貰えることを意味しています。

各広告案件の右側に、「ポイントを貯める」という黄色い長方形のボタンがありますが、ここをクリックすると、楽天市場、Yahoo!オークション、Yahoo!ショッピングの各サイトに行きます。このボタンをクリックすることで、システム的にハピタスを経由したということが認識されます。必ずこれをクリックして、各広告主のサイトに行ってください。

 

一方、下の画像は、クレジットカードのカテゴリーです。
ご覧いただくとわかると思いますが、付与されるポイントが%ではなく、ポイント数になっています。楽天カードは、ハピタス経由で発行すると、4,000ポイント(4,000円分)が貰えるということですね。

クレジットカードの広告リスト。付与されるポイントが%ではなく、絶対数で示されている。

 

なお、クレジットカードの場合、この段階では各広告の右側のボタンが、「ポイントを貯める」になっておらず、その代わり「詳細を確認する」になっています。

それをクリックすると、広告の詳細の説明画面になります。この段階で、黄色い「ポイントを貯める」ボタンが表示されます。

楽天カードの広告。「ポイントを貯める」が表示されている。

 

金額が大きいため、きちんと注意事項を読んでもらって、申し込んでもらおうというハピタス側の意図だと思います。

 

検索する方法

上記は、カテゴリーを辿りましたが、具体的なサービスや商品が分かっている場合は、それを検索することもできます。

トップページのハピタスのロゴの横に、検索窓がありますので、検索したい商品、サービスを入力して検索してください。

ハピタスの検索窓の画像

 

すでに説明したとおり、ハピタスには様々な企業が広告出稿しています。インターネットで何かを買う時、サービスを申し込むとき、「ハピタスにあるかな?」と検索してみてください。結構あったりするものです。

私は先日、妻から長女のピアノの練習用の楽譜を、ヤマハの「ぷりんと楽譜」というサイトからダウンロード購入をしてくれと頼まれました。聞いたことのないサービスでしたが、試しにハピタスで検索したところ、ありました。しかも6%の高還元率。ハピタス経由で購入したことは、言うまでもありません。

ヤマハの「ぷりんと楽譜」の広告

 

スマホの検索&カテゴリー

下の画像は、スマホのトップページです。

検索は、赤い四角で囲った検索ボックスにキーワードを入力して、検索します。

カテゴリーから探す場合は、右上のメニューをタップします。

ハピタススマホ版、トップページの画像

 

すると、各メニューが縦長に伸びます。少し下にスクロールすると、広告案件のカテゴリーが出現します。今回も、試しに「総合ネットショッピング・オークション」をタップしてみましょう。

ハピタスのスマホ版で、広告カテゴリーが表示されたところ

 

すると下図のような画面になります。ここで、スマホに特徴的なインターフェースになります。
下の方にYahoo!や楽天等、具体的なサイト名が表示される一方で、上の方を見るとわかるとおり、さらにジャンルを絞り込むことができることです。

ハピタススマホ版のカテゴリーページ

 

PCサイトのカテゴリーは1階層なのに対し、スマホのサイトは2階層なのです。これは、ほかのカテゴリーでも同様です。

参考までに2階層目の「総合ショッピングモール」をタップしたところです。

ハピタススマホ版、2階層目の総合ショッピングモールページ

 

ハピタスの狙い目広告案件 

ここまで、ハピタスの基本的な使い方を紹介しましたが、ハピタスには、そもそも狙い目の案件コーナーがあります。

みんな deポイント(PCサイト、スマホサイト共)

ハピタスが一押ししている、その時期の高額ポイント、高還元率の広告案件をまとめて紹介しているサイトです。常時5-6件の広告案件が掲載されています。

ハピタス自体の説明を流用させてもらうと、みんなdeポイントとは

1)期間限定!
みんなdeポイントを開催している期間は、約2~4日間と短い期間なので、見逃し注意!

2)参加人数限定!
数に限りがあるので、残りの参加可能人数もチェックしよう!

3)不定期開催!
不定期で開催されるから欲しい商品・サービスがないか、こまめにチェックしよう! 

ということ。

掲載場所は、PC、スマホともトップページです。5-6件の広告のうち、1件がローテーションで掲載されています。全ての案件を閲覧するには、下の画像で緑線で囲った「開催中の商品/サービスをもっと見る!!」をクリックします。すると、一覧のページとなります。

後述する、ハピタスセレクションとの大きな違いは、残り時間と参加可能人数が明示されていることです。とはいえ、残り時間の延長、参加可能人数の追加は、しばしば行われています。でも、たまにホントに終了してしまうことがあるので、よい案件だと思ったら動いたほうがよいでしょう。

PC版

PC版みんなdeポイントの広告

 

スマホ版

スマホ版みんなdeポイントの広告

ハピタスセレクション(PCサイトのみ)

PCサイトのトップページ、みんなでdeポイントの二つ下にあるコーナーです。ハピタス自体は、特にどんなコーナーかの説明はしていません。画像にあるとおり、「今ハピタスがオススメしたい広告」という理解でよいと思います。

案件のレベルは、みんなdeポイント並みのものが含まれていると思います。

ハピタスセレクションの画像

トピックス(PCサイトのみ)

ハピタスセレクションのすぐ下にある、テキストのみの、ちょっと地味なコーナーです。

とはいえ、いつもではないですが、時折お得な案件が掲載されていることがありますので、チェックしておくのも良いと思います。

トピックスの画像

 

100%還元、50%還元案件(PCサイトのみ)

文字通り、100%還元案件、50%還元案件を集めたコーナーです。行き方は、トップページの上部で、「ショッピングでためる」をクリックします。すると、メニューが下の報告に広がります。右下に、「100%バック」「50%以上バック」というカテゴリーがありますので、クリックしてください。

トップページ上部に100%バック、50%以上バックのカテゴリーが表示されたところ

実際は、50%以上還元や100%還元案件は、サプリや美容系が多いです。テンタメやファンくるで、日常的に使う商品で100%案件は出ますので、このコーナーで実際にやってみるかどうかはよく考えてからやりましょう。

ポイント通帳の見方 

ポイントサイトには、ポイント通帳というものがあって、ポイントの出入りが記録されます。ハピタスで通帳を閲覧するには、トップページの右上の「通帳」というところをクリックします。

トップページ上部に「通帳」があることを、赤丸示した画像

 

通常、広告案件を実施すると、判定中という形で記帳されます。

判定中のみの案件が掲載されている通帳の画像

 

そして有効、つまりポイントが現実に付与され、ユーザーである我々の意志で、交換可能になる状態になると、「有効」に変わります。

有効と判定された案件が含まれた通帳の画像

 

なお、PCサイトの通帳は、後述するハピタス宝くじ交換券と混在して表示されるます。私のように積極的に宝くじ交換券を集めていると、数十の交換券の明細行に埋もれてしまい、探すのが少々面倒です。

 

一方、スマホ表示は、以下のように、有効判定だけを表示させることが出来、非常に見やすいです。もちろん、判定中だけを表示することもできます。さらに、宝くじ交換券の獲得履歴(クリックdeゲット)も、別に表示させることができます。

この辺りは、スマホの方が親切ですね。

有効判定だけ表示したスマホ版通帳の画像

 

なお、ハピタスには、ハピタスで買い物をした場合に、ポイント付与を保証するという、ユーザーにとっては大変心強いサービスがあります。

その名も「お買い物あんしん保証」。ハピタスがお買い物に強いというのは、還元率のみならず、こういった体制があるというのも理由ですね。「お買い物あんしん保証」について説明した記事もありますので、よろしければ参照してください。

 ⇒ ハピタスの「お買い物あんしん保証」の解説

 

ハピタスで得られるポイントについての話

ここまで、ハピタスでポイントを獲得する手法について説明してきました。
このコーナーでは、ポイントそのものについての解説です。

1ポイントの価値

ハピタスの1ポイントは、1円に相当します。ですので、直感的に非常にわかりやすいポイント制度になっています。

ポイントの有効期限

ポイント自体の有効期限はないですが、12カ月間ログインしないと、ハピタスの会員登録自体が失効します。

ポイント交換先

貯まったポイントは、金融機関コードを有する金融機関全てに、現金として振り込むことが出来ます。現金への交換は、300ポイント(300円)から可能です。

また、各種ポイントに交換することが可能です。交換可能なポイントは、下の画像をご覧ください。

 

【2017年1月15日更新】

ポイント交換先リストの画像

 

各ポイントへの交換単位は、300ポイントか500ポイントが多いです。ポイント交換は、トップページの右上「ポイント交換」をクリックして手続きします。

ポイント交換は、トップページにリンクがあることを赤枠で示した画像

 

ちなみに、私は.money(又はPeX)に交換し、最終的にはANAマイルにしています。

なお、ハピタスのポイントの交換は、一月30,000ポイントまでという上限が決まっています。これは、覚えておきましょう。

(ハピタス堂書店での利用だけは、30,000ポイントの上限が適用されません)

 

ハピタス堂書店は高還元率

ハピタスが、eBook Japanと共同で運営しているオンライン書籍店です。7%もの高還元率を誇るサイトです。ハピタス堂書店を知ってから、私は、ネットで本を購入する際は、ハピタス堂書店を使うようにしています。

また、上記で説明したとおり、唯一30,000ポイントの交換上限が適用されないのも大きな特徴です。

ハピタス堂書店については、下記の記事をご覧ください。

 ⇒ 還元率7%! ハピタス堂書店体験記

 

ハピタスのランク制度でボーナス獲得

ハピタスには、会員のランク制度というものがあります。要するに、ハピタスをよく利用する人を優遇し、ボーナスをプレセントするというものです。 
ハピタスのランク制度についての詳細は、下記の記事をご覧ください。

 ⇒ ハピタス ランク制度の紹介

ハピタスのランク制度の最上位である、ゴールドランクに簡単になる方法があります。それについては、下記の記事をご覧ください。

 ⇒ 広告利用20回達成でハピタスのゴールド会員になってました。

ハピタス宝くじで貯める

ハピタスには、他の多くのポイントサイトにあるコツコツ貯める無料ゲームがありません。その代わり、ハピタス宝くじというものがあり、一等前後賞を合わせれば、一気に30,000ポイントがゲットできます(交換券は、コツコツ貯めます、、、)。
ハピタス宝くじについての詳細は、下記の記事をご覧ください。

 ⇒ 一攫千金?ハピタス宝くじの紹介

 

ハピタスには無い広告案件は? 

ハピタスには、無料ゲームコンテンツが無いことは、既に説明しました。
それ以外で、ハピタスに無いものと言えば、モニター系の広告です。外食モニター、商品購入モニターはありません。

それらのサービスは、他のポイントサイトを利用することになります。

 ⇒ 大量マイルをリピート - ファンくる外食モニター入門

 ⇒ テンタメの基本的な使い方&抜け目ない(賢い主婦的?)使い方

ハピタスの登録方法の徹底解説

ハピタスの登録方法は、下記の記事で詳細を紹介してあります。ハピタスに登録してみようという方は、是非参考にしてください。

 ⇒ 完全解説 ハピタス会員登録の方法~秘密の質問設定まで

 

最後に

冒頭の繰り返しになりますが、数あるポイントサイトの中で、ハピタスは最もお勧めです。特に、陸マイラーであれば、ソラチカルートとの関係で、30,000ポイントの上限も問題になりません。

是非とも、ハピタスでポイント/マイルを効率的に貯めてください。

 

【その他の記事】

ANAマイルを大量に貯める方法を解説しています。

 ⇒ 完全解説 ANAマイルの貯め方~1から10まで

ハピタスで貯めたポイントは、ソラチカルートでANAマイルに交換します。

 ⇒ ハピタスとソラチカルートは相性抜群!!

 

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。Google Analyt
icsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善の為に使用させていただくものとします。なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。Googleによるデータの使用に関しては「ポリシーと規約」をご覧ください。