1000のマイルも1から

プリンスポイントとANAマイルを貯めてます。自分が実践してみたものを中心に綴ってます。

ちょびリッチ x テンタメ 93%還元1件&100%還元1件

こんにちは、gaotsuです。

昨日「ちょびリッチ x テンタメ」で、案件を二つ申し込みました。本日は、その報告をさせて頂きます。

ちょびリッチ x テンタメは、商品モニターサービスサイトであるテンタメのサービスを、ちょびリッチのユーザー向けに展開しているサービスです。通常、参加人数が限定されていて、早いもの勝ちです。競争相手は、ちょびリッチのユーザーだけではなく、テンタメのユーザーも含まれます。

f:id:gaotsu:20161116075941p:plain

で、これは全く私の想像なのですが、競争相手の多くは主婦だと感じています。昨日までなかった案件が、夕方に募集締め切りの状態で気付くことがしばしばあります。

ですので、人気案件は数時間の寿命。コアなファンが、新規案件の出現を常時チェックしているのではと思います。

今回、その厳しい競争に勝ち抜き(笑)、案件ゲットしました。

【冷凍ストック名人】キーマカレーの素

ひとつめの案件は、正田醤油のキーマカレーの素です。

f:id:gaotsu:20161116080337p:plain

商品の説明があったほうがいいなぁ、とテンタメのページをみていたら、この商品の紹介のビデオがありました。えぃっと埋め込んでみました(1分15秒)。当ブログ初の試みです!!

 

とはいえ、皆さんなかなか時間がないと思うので、特徴を説明した画像を貼っておきます。

f:id:gaotsu:20161116220119p:plain

 

案件の紹介画像に第2弾と記載がありますが、10月上旬に第1弾を実施しており、その時も私は、購入しています。 1回目に参加した人は、2回目は参加不可というのはよくありますが、今回はOKでした。

www.one-mile.club

ポイント還元率 

前回の条件は2個購入でしたが、今回は1個だけです。前回の還元ポイントは800ポイント(ちょびリッチは、2ポイント = 1円)でしたので、還元ポイントの条件は同じです。
購入目安価格が、税前200円となっているため、税込では100%還元の案件ではありません。前回の実績では、税前単価199円でした。税込は214円ですので、ポイント還元率は93%です。

前回は、2個ともキーマカレーにしました。まだ、消費しておらず、2個とも残っています。にも拘わらず、案件に気付いた時は応募数が上限に近づいていたため、妻に確認もせず、応募してしまいました。

制限事項等

締切は11月30日です。居住地が東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県・山梨県の方限定ですので、注意してください。

 

ワザアリ(TM)テープ(テープホルダー付)

もうひとつは、大手メーカーNichibanの「ワザアリテープ」です。

f:id:gaotsu:20161116082034p:plain

 一瞬、バンドエイドの類かなと思ったのですが、キッチンで使うテープだそうです。

ニチバンのHPに、この商品を紹介するビデオがありましたので、こちらも埋め込みました(2分16秒)。今日は、リッチメディアなブログです!

キーマカレーと同様、特徴を説明した画像を置いておきます。

f:id:gaotsu:20161116220408p:plain

 

正直、これがどれほど便利かは、妻に聞いてみないとわかりません。キーマカレーと同時に申し込んだので、彼女には何の相談もしてません。取敢えず買ってみて、試してもらいます。

ポイント還元率

還元されるポイントは778ポイント(389円相当)です。商品の価格の目安は税抜360円なので税込388円です。想定される価格で購入できれば、ポイント還元率は100%となります。より安ければ、その分還元率は上昇します。

制限事項等

締切は11月21日です。少々早めの締め切りです。

購入店舗の指定があり、今回はマツモトキヨシ、ウェルシア限定です。また、東京、埼玉、千葉、神奈川に住んでいる方のみが対象です。

 

獲得できるマイル合計

上記の二つの案件で、獲得できるちょびリッチポイントは、1,178ポイント(978円相当)です。ちょびリッチは、.moneyを通じて、ソラチカルートに乗せることができますので、獲得できるANAマイルは、880マイルです。

880マイルがどの程度の価値があるかというと、羽田発とした場合、沖縄便以外で、片道880マイルが得られる航路はありません。880マイル以上が獲得できるのは、那覇(984マイル)、宮古(1,158マイル)、石垣(1,224マイル)の3路線のみです。

 

応募はちょびリッチで!

ちょびリッチ x テンタメは、大元はテンタメです。ですので、テンタメでも応募可能です。しかしながら、以下の理由からちょびリッチでのブッキングをお勧めします。

交換最低ポイント

テンタメの交換経路として、PeXが用意されているのですが、最低交換ポイントは600ポイント(600円相当)からです。

600円~というのは、他のポイントサイトと比べても高めです。しかも、テンタメが扱っている案件は、ほとんど小口のため、一回の案件で600ポイントに届く可能性は低く、複数回の案件をこなすまで、ポイントが交換できないことになります。

ちょびリッチを利用すれば、ちょびリッチの他のポイントと合算されるので、上記のテンタメ特有の問題は無くなります。

交換ルート

テンタメのポイントをソラチカルートへ乗せるには、PeXを選ぶしかありません。一方、ちょびリッチのポイントとして扱われれば、.moneyも選択肢になります。メトロポイントへの交換には、PeXでは1回50円の手数料が課せられますが、.moneyは無料です。

したがって、ちょびリッチのポイントとして扱われた方が、メリットがあります。

 

購入の難易度

テンタメ(ファンくるの消費モニターも)の案件は、申し込んだ後、商品を艇に入れるのに苦労することがあります。

今回のキーマカレーは、10月と同じY's Martに行ったので、一発でゲットできました。その足で、近隣のマツモトキヨシに行き、ワザアリテープを探しましたが、こちらは不発でした。
その後、テンタメのページをよく見てみたら、取り扱い店舗のリストがありました。

いつものスーパー・コンビニでのお買い物がお得に -テンタメ

会社帰りに寄れる店は含まれてませんね。取敢えず、会社帰りにチェックできる店はチェックして、それがダメだったら、このリストに当たります。

明日以降も、調査継続です!

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

P.S. 
ちょびリッチについて、もっと知りたいという方は、下記の記事をどうぞ

 ⇒ ちょびリッチの概要~その実力を評価してみる

 

www.one-mile.club

www.one-mile.club

www.one-mile.club

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。Google Analyt
icsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善の為に使用させていただくものとします。なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。Googleによるデータの使用に関しては「ポリシーと規約」をご覧ください。