読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1000のマイルも1から

SFC修行解脱しました!

1月のSFC修行 羽田⇔那覇旅割75購入 宿泊費込でPP単価8円

こんにちは、gaotsuです。

昨日の記事で、SFC修行の方針を変えるという記事を投稿しました。新たな方針で、来年早々SFC修行を開始することとしたので、早速、羽田⇔那覇の航空券を旅割75で購入しました。

f:id:gaotsu:20161105065303p:plain

SFC獲得に向けての具体的な第一歩です!

 

想定している日程

一応、子供二人の家族持ちなので、あまり家庭を空けるのは宜しくないと思い、SFC修行は国内線のみと思ってます。観光しないとはいえ「パパだけ海外、ずるい」と思われるのも避けたいので(笑)。

ただ、ドメの修行でも、妻に話して一泊はさせてもらうことにしました。
想定しているルートは、

  • 金曜日に仕事が終わったら、そのまま羽田に行き、479便で那覇へ行く。現地一泊。(羽田20:00発 那覇22:45着)
  • 翌朝460便で、羽田に戻る。(那覇8:05発 羽田10:15)
  • できれば土曜日に、日中にもう1往復して、夜には帰宅する。
  • 日曜日は家でいつも通り過ごす。

というものです。

一日1往復だけだと、修行を終えるのに日数が多くかかってしまいます。
では、土曜日早朝から羽田に行って2往復?多くのマイラーさんは、実行していると思いますが、私は若くはないので、ちょっときついかなと思ってました。

それなら、一泊必要になるけど金曜の夜に飛んでしまえと、上記の考えに至りました。
金曜日は、そもそも都内の会社にいます。夜に埼玉の自宅に帰宅して、土曜早朝に出直すより時間も有効活用できます。

 

購入したフライト

現時点で旅割は、3月25日(土)分まで販売しています。そこで、1月1日~3月25日の間の479便と460便の旅割料金を調べてみました。旅割Xは、プレミアムポイントが旅割より25%も少ないので、除いています。

獲得できるプレミアムポイントを「ANAフライトマイル・プレミアムポイントシミュレーション」で確認したところ、片道1,476ポイントでした。

f:id:gaotsu:20161105202356p:plain

 

これらの結果を一覧表にまとめました。

金曜日460便土曜日479便往復PP
羽田 20:00那覇 8:052,952
那覇 22:45羽田 10:15往復PP単価
1月6日 15,590円 1月7日 10,290円 8.77円
1月13日 10,290円 1月14日 10,290円 6.97円
1月20日 9,990円 1月21日 9,990円 6.77円
1月27日 9,990円 1月28日 9,990円 6.77円
2月3日 13,490円 2月4日 13,490円 9.14円
2月10日 13,490円 2月11日 13,490円 9.14円
2月17日 13,490円 2月18日 13,490円 9.14円
2月24日 13,490円 2月25日 13,490円 9.14円
3月3日 13,890円 3月4日 13,890円 9.41円
3月10日 18,290円 3月11日 13,890円 10.90円
3月17日 24,390円 3月18日 16,590円 13.88円
3月24日 15,290円 3月25日 15,290円 10.36円

 

この期間での最低料金は、1月20日 - 21日、1月27日 - 1月28日の2日程で、片道9,990円。PP単価は、6.77円となっています。1月13日 - 14日がPP単価6.97円と、僅差で続きます。

PP単価は10円を下回れば、合格点みたいな言われ方をしていますので、かなり優秀な部類に入ると思います。

そこで、1月13日 - 14日、1月20日 - 21日、1月27日 - 1月28日のフライトを購入しました。

f:id:gaotsu:20161105213804p:plain

f:id:gaotsu:20161105094340p:plain

合計の支払額は、10,290円 x 2 + 9,990円 x 4 = 60,540円でした。マイル(スカイコイン)は使わず現金払い。

とうとう修行用フライト、買っちゃいました!

 

現地滞在費

今回の日程では、夜10時45分に那覇空港に着き、翌朝の8時5分のフライトで羽田に戻るので、現地滞在費用が必要です。

交通費

まず、空港と那覇市街の交通です。
空港からは、「ゆいレール」というモノレールが走っています。ホテルが立ち並ぶ市街地の各駅には、10分から20分程度で到着します。運賃は片道260円~300円程度です。

ANA479便は那覇空港に22時45分に到着。モノレールは

  • 23時00分、23時15分、23時30分

にありますので、定刻通りの到着であれば、モノレールでの移動がよいと思います。

土曜の朝も十分早くから運行しています。例えば、那覇空港まで16分の牧志駅の朝のダイヤは、

  • 5時59分
  • 6時11分、6時26分、6時41分、6時53分

となっていて、那覇空港8時05分の飛行機を利用するのに全く問題ありません。

交通手段はゆいレールに決まりです。

 

宿泊費

宿泊はできる限り切り詰めたいです。何しろ、おじさん一人が、泊まるだけなのです。とはいえ、最安値を求めるわけにはいきません。

何故かというと、安いだけを基準にすると、ゲストハウス(ドミトリー、大部屋)になってしまうからです。楽天トラベルなどで、安い順に検索すると、千円台はゲストハウスです。この年で、大部屋はないですね。恐らく、周囲は若いバックパッカー&外国人が大多数だと思います(この部分は、まったく私の想像)。

ですので、条件は一人部屋&安いところになります。そのほか、タオルなど最低限のアメニティが欲しい、23時半過ぎのチェックインがOKという条件を重ねていくと、結局カプセルホテルに行きつきました。
私は、金曜日の夜、会社から羽田空港に行きます。スーツ姿のサラリーマンルックなのです。サラリーマンが、カプセルホテルに泊まる、、、、違和感全く無しです(笑)。

選んだのは「カプセルイン沖縄」。税込み2800円で朝食付きです。

www.skygate.co.jp


那覇空港では、プレミアムクラスへのアップグレードを申し込むつもりです。できなかったら朝食が必要となるので、宿で取れるのは嬉しいです。

 

ちなみに、カプセルイン沖縄は、ハピタス経由DeNAトラベルで予約しました。

f:id:gaotsu:20161106220646p:plain

 

ご覧いただくとわかるとおり、%ではなく絶対額表示です。

今回、2800円の安宿の予約ですが、それで500ポイントです。還元率は17.8%に上ります。楽天トラベル(1%)やじゃらん(2.4%)より、ずっとお得です。

 

出来上がりのPP単価

さて、現地でのコストが確定しました。

  • ゆいレール往復600円+宿泊費2800円=3400円

です。現地滞在費を含んだ、出来上がりのPP単価をみてみましょう。

1月13日 - 1月14日

航空券が往復で20,580円ですので、総コスト23,980円。往復で得られるプレミアムポイントが2,952ポイントなので、PP単価8.12円です。

 

1月20日 - 1月21日、1月27日 - 1月28日

航空券が往復で19,980円ですので、総コスト23,380円。PP単価は7.92円となります。

 

それぞれ、6.97円、6.77円からは16 - 17%Upですが、それでも8円程度ですので、満足できる水準だと思います。 

 

最後に

金曜夜から土曜朝にかけての修行の手当ては、宿も含め完了しました。次のチャレンジは、土曜日の午前10時15分に羽田に戻った後のフライトの確保です。

まだ2カ月以上前ですが、既に1月14日土曜日のプレミアム旅割28は、完売していました。獲得競争は熾烈みたいですね。
明日7日に1月21日分を、14日に1月28日分を確保すべく動くつもりです。果たしてうまく取れるか、、、。

状況が判明したら、また記事にしたいと思います。

本日も、最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。 

www.one-mile.club

www.one-mile.club

www.one-mile.club

www.one-mile.club

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。Google Analyt
icsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善の為に使用させていただくものとします。なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。Googleによるデータの使用に関しては「ポリシーと規約」をご覧ください。