1000のマイルも1から

プリンスポイントとANAマイルを貯めてます。自分が実践してみたものを中心に綴ってます。

自分の.moneyを妻のメトロポイントへ交換成功

先々月、私名義の.moneyを妻のメトロポイントの口座に振り込めるか、実験をしました。  

交換申請の際、エラーメッセージが出ていなかったので、多分大丈夫だろうとは、思っていたのですが、本日妻の口座に40,000ポイントが加算されていることを確認しました。名義跨ぎ、成功です!

f:id:gaotsu:20161011230909p:plain

.moneyの優位性

上の画像にあるとおり、中継ポイントとして機能する.moneyには、ハピタス、ちょびリッチ、Poneyといった、陸マイラーにはポピュラーなポイントサイトのポイントと交換可能です。

.moneyから、メトロポイントポイントに交換し、ソラチカルートに乗せるわけですが、メトロポイントに交換の際に、手数料がかからないのが.moneyの強みです。
Gポイント、NetMileは、手数料がかかります。(NetMileは1回50円。Gポイントは、交換ポイントの5%。ただし、Gポイントは、指定の広告案件に参加すると、手数料が戻ってきます。)

今回、名義を跨いだポイント交換が実現できたことで、.moneyの優位性が高まりました。

ダブル・ソラチカルート 

ソラチカルートは、ソラチカカード(ANA To Me Card PASMO JCB)に付帯するポイント交換ルートですが、交換できるポイントが、月20,000ポイント(交換後のマイルは1,8000マイル)の上限があります。

我が家の場合は、妻にもソラチカカードを独立して発行してもらい、妻名義のソラチカルート(メトロポイントのアカウント)を確保してもらいました。 所謂家族カードですと、妻用のルートは確保できません。

結果、世帯単位でソラチカルートが2本確保でき、月の交換ポイントの上限が40,000ポイントとなりました。交換後のマイルは、月36,000マイル、年間432,000マイルです。

これだけのマイルがあれば、夫婦二人で、ハイシーズンにヨーロッパへファーストクラスで旅行できます(ハイシーズンの欧州ファーストクラスは、往復一人180,0000マイル。ちなみに北米は165,000マイルです)。

目的地 欧州
シーズン ロー レギュラー ハイ
エコノミー 45,000 55,000 60,000
ビジネス 80,000 90,000 95,000
ファースト 165,000 165,000 180,000
目的地 北米
シーズン ロー レギュラー ハイ
エコノミー 40,000 50,000 55,000
ビジネス 75,000 85,000 90,000
ファースト 150,000 150,000 165,000

 

ちなみに、家族のマイルの合算は、ANAカードファイリーマイルという仕組みを使います。詳しくは、下記の記事をご覧ください。 

www.one-mile.club

  

現実問題、そこまでのマイルが必要かと聞かれると、中長期的には必要性は低いかなと思っています。ビジネスクラスで旅行ができれば、御の字です。

しかし、短期的には有った方が、助かります。来年には、SFC修行をしたいと考えていて、早期にマイルを積み上げたいと思っています。

目標は、375,000マイル(600,000ANAスカイコイン)。このうち、252,000マイルをソラチカルートで確保したいと思ってますが、ルートが1本だと14カ月もかかってしまいます。これが、2本であれば7か月に短縮できます。

課題は、月40,000ポイントをコンスタントに獲得すること。いざとなれば、100%還元案件をこなせばいいので、何とかなると思ってます。

 

■妻のメトロポイント口座

f:id:gaotsu:20161012081756p:plain

 

■私のメトロポイント口座

f:id:gaotsu:20161012082509p:plain

 

次はPex?

.moneyをメトロポイントに交換するとき、メトロの会員番号を入力する必要がありました。その時、もしかして、妻のメトロポイントの交換できるかもと思って、試したのが始まりです。

PeXとメトロポイント交換の際も、メトロの会員番号と会員名を入力します。ですので、もしかして、PeXも?と思ってます。

ちょっと、実験してみようかなと考えてます。

 

本日も、最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。 

 

www.one-mile.club 

 

www.one-mile.club

 

www.one-mile.club 

 

www.one-mile.club

 

 

 

 

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。Google Analyt
icsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善の為に使用させていただくものとします。なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。Googleによるデータの使用に関しては「ポリシーと規約」をご覧ください。