読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1000のマイルも1から

プリンスポイントを再び貯め始めました。今後は、ANAマイルと両輪。その他、ふるさと納税、クレカ、株主優待等の話題です。

nielsenモバイルパネルに登録してみました

なんとなーく、すぐたまの会員登録案件を眺めていたところ、登録時800mile(400円相当)付与、さらにAmazonギフト券3400円が付く、スマートフォンモニター案件を発見しました。

f:id:gaotsu:20160908222731j:plain

私の場合特別ゴールド会員グレードなので、120mile(60円相当)がプラスされます。これは、おいしそうと思い、リンク先を見てみると、nielsenのモニターでした。大手です。

 f:id:gaotsu:20160908223047j:plain

 

ただ、3400円というのは年間でした。新規入会で1000円、月200円で年間3400円です。一方、サイト独自の付与である800mile(400円相当)のレベル感をどこ得でチェックしてみました。検索ワードは「モニタータウン」に設定。

f:id:gaotsu:20160908223549j:plain

 

ご覧いただけるとわかるとおり、あまりヒットしません。そもそもすぐたまもヒットしません。サイトによって、かなりばらばらの表現で登録されているのかもしれません。

とりあえず、モッピーが400円なので、すぐたまにしては頑張ってるほうだと思います。ゴールド会員は、460円になるので、今回はこのまますぐたまで登録しました。

 

登録はExplorerで

この案件は基本的に、バックグラウンドで動くモニタリング用のスマホアプリをインストールするだけの案件です。このアプリが、Webサイトへのアクセス情報を取得し行動分析に役立てるというものです。

 

私は、普段ブラウザはChromeを使っています。ですので、当然Chromeで手続きを進めました。ところが、注意書きをよく読むと、Chromeで登録はできないとのこと!

f:id:gaotsu:20160908224551j:plain

 

今時ChromeがNGなんてあり得ないと思いつつも、しょうがありません。すぐたまを開くところから、IEでやり直しました。不正登録でポイント付与NGとなってもイヤですから。

 

最初に、年齢、性別、使っているスマホのOSとそのバージョンを選択します。

f:id:gaotsu:20160908225355j:plain

 

すると条件クリアとなり、メールアドレスの登録となります。

f:id:gaotsu:20160908225001j:plain

 

このあと、氏名、性別、生年月、都道府県、家族構成、住居形態などを入力していきます。

f:id:gaotsu:20160908230223j:plain

 

パソコンでの操作が終わり、スマホにアプリをインストールするステップへと進みます。nielsenの説明では、スマホのSMSにURLを送るので、それをクリックしてGoogle Playからアプリをダウンロードするようにとのこと。

f:id:gaotsu:20160908225556j:plain

 

ところが、数分してもメッセージが届きません(+44ってイギリスの国番号。無理でしょ)。

念のため、Gmailのメールボックスをチェックしたところ、以下のようなメールを受信していました。

f:id:gaotsu:20160908231415j:plain

 

そこにあるURLをクリックしたところ、無事にGoogle Playから、アプリをインストールできました。

f:id:gaotsu:20160908231954p:plain

 

最後は、インストールしたnielsenのアプリを「使用履歴にアクセスするアプリ」に登録して完了です。

f:id:gaotsu:20160908232144p:plain

 

インストール後は、私のスマホに常駐しています。これで後は何もせず、普通にスマホを使えば、謝礼が受け取れることになります。

f:id:gaotsu:20160909075747p:plain

 

報酬のマイル化

すぐたまから付与される460Mile(ネットマイル)をメトロポイントに交換すると230ポイントです。さらにソラチカルートでANAマイルに交換すると207マイルです。ちょうど羽田から能登まで普通運賃を利用すると、207マイル貯まります。

ネットマイルはメトロポイント交換20%増量キャンペーンを実施した実績があり、しばらくはそれを待つというのも選択もあります。うまく、それに乗れれば、メトロポイントへの交換が276ポイントとなり、ANAマイルも248マイルとなります。ちょうど庄内(218マイル)と秋田(279マイル)の中間ですね。

 

問題は、nielsenからの報酬です。この記事の2番目の画像をご覧いただければわかりますが、受け取る方法としては、amazonギフト券、iTunesギフト、LINEギフトコードの3種類あります。

amazonとiTunesについては、直接的に他のポイントと交換する選択肢は無さそうです。

一方、LINEは10%の目減を伴いますが、Pontaと交換ができます。

f:id:gaotsu:20160909082246j:plain

 

Pontaは元来ANAマイルとの相性は良くないのですが、先日macchazukeさんがANAマイルに交換する裏技を披露してくれました。

macchazuke.hatenablog.com

 

それを参考に、ローソンのお試し引換券で購入可能な商品のモニター案件を待つというのも手です。 

 

もう一つの方法は、amazonギフト券を現金化し、それを100%還元案件に充てる方法です。
現金化する部分は、業者に買い取ってもらうとかいう、面倒な方法ではありません。単に、amazonギフト券を使ってamazonで必要なものを買うことです。そうすれば、そのために支出するはずだった同額の現金が、手元に残ることになります。大事なのは、必要なものを買うことです。さもないと、手元に残った現金が額面通り「浮いた」ことにはなりません。

そして、手元に残った現金を100%還元の案件購入に充てます。青汁など、オークションで売却可能なものを購入すれば、経済効果を一層高められますが、私の場合は、ポイント付与が迅速なので、オンラインコンテンツ(小説、漫画、ビデオ)の購入で済ませます。もちろん、この段階で欲しいものが100%還元で提供されてれば、話は別です。
そして、100%還元で得たポイントをソラチカルートに乗せればよいわけです。

この方法であれば、目減りはソラチカルートの10%だけで済みます。また、順番もamazonギフト券による買い物が100%還元案件の購入の先である必要はなく、タイミングもフレキシブルにできます。

 

最後に

この記事は、二日にわたって書いています。昨日アプリをインストールして、今日一日使ってみました。

やっぱり常駐アプリは、電池を消耗しますね。帰宅前に電池切れとなりました。週明けから仕事中も充電が必要そうです。これで月200円。結構つらいです。

入会時報酬1000円が入ったら、退会するかもしれません。場合によっては、すぐたまからポイントが入ったら、 そうするかもしれません。

 

本日も、お付き合い頂き、ありがとうございました。

 

P.S.

すぐたまにご興味のある方は、下のバナーをクリックして入会すると、50マイル(25円相当)が付与されます。さらに、新規登録直後60-90日は、特別ゴールド会員でキャンペーン対象広告(大半が該当します)のマイルが15%増となります。

無料ですぐ貯まる!ポイントサイトすぐたま

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。Google Analyt
icsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善の為に使用させていただくものとします。なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。Googleによるデータの使用に関しては「ポリシーと規約」をご覧ください。