1000のマイルも1から

ANAマイルとプリンスポイントを貯めてます。ふるさと納税・クレカの話題も詰まってます。

「頭痛にバファリン」が還元率100% - でも意外な壁が、、、

さきほど、テンタメからのダイレクトメールで、バファリンEX購入案件の案内が来ました。

昨夜我が家の薬箱に頭痛薬が無いことが発覚し、買わないと、と思ってたので、あまりにも出来すぎのタイミングです。しかも100%還元。購入先もドラッグストアであれば、どこでもよいとのことなので、条件的にも非常に魅力的です。

f:id:gaotsu:20160901184138j:plain

 

ちょびリッチ x テンタメ

 早速、申し込もうと思ったのですが、ここで思いとどまりました。

テンタメは、ちょびリッチにもあるのです。管理の手間を考えれば、ちょびリッチで出来るのであれば、そちらでやったほうが後々楽です。

 

ということで、今回は(というか多分今後も)、ちょびリッチで参加申し込みを行いました。

テンタメは、数百円の日常品の購入モニタリング専門サイトで、一度に数件の案件しか進行していません。したがって、トップページに全ての案件が掲載されています。

 

(テンタメのトップページ。案件はこれだけです)f:id:gaotsu:20160901193833j:plain

 

一方、総合ポイントサイトであるちょびリッチは、リンクを辿らなければいけません。

まずは、トップページの「モニターで貯める」をクリックします。

f:id:gaotsu:20160901185824j:plain

 

次のページの中ほどに、タブ形式のリンクがあるので「ちょびリッチ x テンタメ」をクリック。

f:id:gaotsu:20160901190316j:plain

 

すると、募集を締め切った焼きそば以外の3件が、表示されました。f:id:gaotsu:20160901194321j:plain

 

バファリンEX案件、見やすいように大きく表示します。

f:id:gaotsu:20160901190623j:plain

 

この案件の還元率 

ちょびリッチの場合は、2ポイント=1円ですので、テンタメのHPと比べると見た目のポイントが倍になりますが、円に換算すれば646円(1292 ÷ 2)ですので、全く同じポイントバックです。

購入金額は、税抜598円なので税込み646円(598 x 1.08、四捨五入)。還元率はぴったり100%です。

これをソラチカルートでANAマイルに交換すると、581マイル(646 x 0.9)となります。 普通運賃のフライトで、旭川(576マイル)・佐賀(584マイル)に行ったときに得られるマイルに相当します。

 

なお、ちょびリッチの会員であっても、初めてちょびリッチ x テンタメを利用する場合、住んでいる都道府県等、追加情報の入力が必要になります。ご注意ください。

 

意外な壁

帰宅途中で、バファリンを入手しようと、会社のそばの三千里薬局に向かいました。そしたら、ありません。自宅近くのマツモトキヨシ、ウェルパークに行きました。

ありません。

原因は、薬剤師不在のドラッグストアだからです。サイトにはこう記載がありました。バファリンEXは、第一類医薬品だそうです。

f:id:gaotsu:20160901213054j:plain

 

普段あまり意識してなかったのですが、薬剤師がいないドラッグストアは、案外多いのかもしれません。

幸い、締め切りが9月14日で、申し込みさえ完了していれば、募集枠がいっぱいになっても大丈夫そうなので、慌てる必要はありません。

f:id:gaotsu:20160901213444j:plain

 

ちなみに、このサイトによると、第一類医薬品とは以下のように説明されています。

www.selfdoctor.net

 

第1類医薬品は主に、OTC医薬品(市販薬)としての使用経験が少ないものや、使い方、副作用・相互作用等の項目で薬剤師のサポートが必要とされるもので構成されています。その多くは、医療用として長年使用され、正しい情報に基づいて使用すれば市販しても安全で効果的であると判断された医薬品です(スイッチOTC医薬品)。ただし、これらは必ずしも永久的に第1類というわけではなく、販売開始から3年程度経った時点でOTC医薬品(市販薬)としての適応性などによって見直され、第2類に変更になることもあります。

 

特に、リスクが高いというわけではなさそうですね。

次は、薬剤師がいる店か確認してから、買いに行こうと思います。

*追記
9月3日に、通勤乗換駅の龍正堂薬局で、無事に購入しました。 

所感

残念ながら、実際の購買で手間取っており、この案件は現時点では完了してませんが、数日のうちに購入できると思います。

 

繰り返しになりますが、同じ案件が出来るのであれば、ポイントサイトは絞り込んだ方が管理の手間が楽です。また、交換に必要な最低ポイントにも達しやすくなります。

一方で、情報は早めに欲しいので、テンタメには会員登録をし、新規案件のメールは受信できるようにしておき、実際に案件をゲットする時には、ちょびリッチを使うという方法がよいかもしれません。

今日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

(追記)

本件のポイントは、10月5日に付与されました。

f:id:gaotsu:20161007193316p:plain

 

P.S. 
ちょびリッチについて、もっと知りたいという方は、下記の記事をどうぞ

 ⇒ ちょびリッチの概要~その実力を評価してみる

 

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。Google Analyt
icsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善の為に使用させていただくものとします。なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。Googleによるデータの使用に関しては「ポリシーと規約」をご覧ください。