1000のマイルも1から

ANAマイルとプリンスポイントを貯めてます。ふるさと納税・クレカの話題も詰まってます。

アメックス祭り - マイル交換にはコストが発生します

お盆明け8月16日に、GetMoney!を通じて申し込んでおいた、アメリカンエキスプレスゴールドカードが、23日に届きました。

f:id:gaotsu:20160827154208j:plain

 

私も遅ればせながら、アメックス祭りに参戦します。

といっても、既に先輩陸マイラーの皆様により、様々なポイント獲得手法が開拓されており、私はその中から手続き的にシンプルなものを選んで実施するつもりです。

ですので、自分の中では祭りというエキサイティングな感覚はなく、確立された手法を粛々と行うつもりです(笑)。

ポイントサイトの条件

最初に、条件の確認です。
GetMoney!でカードを発行すると、176,000ポイントがもらえます。これは円に直すと17600円相当で、ソラチカルートを使って、ANAマイルに交換すると、15,840マイルになります。

f:id:gaotsu:20160827154801j:plain

 

私が陸マイル活動を始めたのは7月で、その時は既にアメックス祭りは、ピークは過ぎていたと思いますが、覚えている範囲では、7月末時点で、GetMoney!のポイントは180,000ポイント(18000円相当)でした。

それより、多少下がったとはいえ、まだまだアメックスに関しては、GetMoney!はトップクラスのキャッシュバックを誇っています。

どこ得でも、本日8月27日時点でトップです。

f:id:gaotsu:20160827155737j:plain

 

アメックスによるキャンペーン

陸マイラーのみなさんは、既に十分ご存じだとは思いますが、この案件の目玉は、カード入会後3か月間は、公共料金の支払い一回につき、2,000ボーナスポイントが付与されることです。

f:id:gaotsu:20160827160341j:plain

 

今では、上限60,000ポイント(30回分)となっていますが、開始当初この上限がなかったというのですから、アメックスも無防備でした。

といっても、これは陸マイラーの理屈。一般の人だと、3カ月で30回もの公共料金の決済など、思いもよらないでしょう。普通であれば、30回は十分すぎる枠です。

こんなことを書きながら、私も先ほど、とりあえず10回分の決済は完了しました。残りの20回分も、今日か明日に、ちゃちゃっと終わらせるつもりです。

 

もうひとつ、年会費31,320円(税込み)が初年度無料というのも、インパクト大です(キャッシュバック狙いの陸マイラーにとって、年会費永久無料と同義です)。

ソラチカルートで交換申請できるメトロポイントの上限は月20,000ポイントなので、その1.5倍以上のインパクトがある数字だということです。大きいですよね。

 

マイルへの交換

今回の公共料金支払いキャンペーンは、60,000ポイントを上限としてポイントが付与れますが、そのまま素直に、ANAマイルへは交換できないようです。

アメックスのポイントプログラムは、メンバーシップ・リワードと言いますが、何もしなければ、1,000マイルを獲得するのに、2,000ポイント必要です。

一方、年間3240円(税込み)支払い、メンバーシップリワードプラスに参加すると、1,000マイルは1,000ポイントで交換できるようになります。

f:id:gaotsu:20160827164814j:plain

 

ただし、他のエアラインには無いのですが、ANAのマイルに変換する場合は、税込みで年5,400円の参加登録費用がかかります。

f:id:gaotsu:20160827164130j:plain

 

 何でANAだけ?と疑問を持ちますが、そういうことなので、仕方ありません。

もしかしたら、イタリアではアリタリアのマイルとの交換手数料が、タイではタイ航空のマイルとの交換手数料が高いのかもれませんね。

 

まとめ

この案件は表面的には年会費無料で、 最大75,840マイル(GetMoney!の1760,000ポイントをソラチカルートでANAマイルに変換して15,840マイル + アメックスのキャンペーン60,000マイル)が狙える極めて旨味のある案件です。狙えるというより、多くの陸マイラーが実際に75,840マイルを手に入れると思います。

一方、公共料金支払いで発生する60,000ポイントをANAマイルに交換するには、以下の2通りの選択があります。

  1. 5,400円(ANAの参加登録料のみ)の支払で、30,000マイルに交換
  2. 8,640円(メンバーシップ・リワード・プラス及びANAの参加登録料)の支払いで、60,000マイルに交換

3,240円手数料差で、30,000マイルの差がありますので、迷いなく2.ですね。

初年度の年会費がたとえ無料でも、ANAマイルの交換には8,640円かかるということです。 

最後に

今日は、アメックス案件の条件を中心にまとめてみました。公共料金支払いは、順調に進んでいて、明日終了するので、次の記事はそのことについて報告しようと思います。

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。 

 

(追記)

本件のポイントは、9月15日に確定しました。

f:id:gaotsu:20161002230130p:plain

 

P.S.

もっとGetMoney!について、知りたい方は、下記の記事をどうぞ。

 ⇒ GetMoney!のYahoo!ショッピングは驚異の2%!

 

 

www.one-mile.club

 

www.one-mile.club

 

 

www.one-mile.club

 

 

www.one-mile.club

 

 

www.one-mile.club

 

 

www.one-mile.club

 

 

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。Google Analyt
icsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善の為に使用させていただくものとします。なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。Googleによるデータの使用に関しては「ポリシーと規約」をご覧ください。