1000のマイルも1から

プリンスポイントとANAマイルを貯めてます。自分が実践してみたものを中心に綴ってます。

ANA プレミアムメンバーサービスとは何か?

陸マイラーがマイルを貯める大きな目的の一つは、貯めたマイルを特典航空券に交換し、お得に旅行をするということです。特典航空券に交換した場合は、1マイル当たりの価値が高く、貯めたマイルの価値を最大化することにもなります(特に国際線ビジネスクラス)。

もう一つ、陸マイラーがせっせとマイルを貯める理由に、SFC(Super Flyers Card)取得を目指すということがあります。SFC取得にだけ、話をフォーカスした場合、そこには特典航空券は全く出てきません。

ということは、この二つの目的は、似ているようで全然違うということも出来ます。一方「いや、SFC取得は、特典航空券、中でもエコノミークラスを取得した場合の旅を、より快適なものにしてくれるものなので、切っても切れない関係なんだよ」という意見もあると思います。

いずれにせよ、SFCって何なのか、よくわからないと、陸マイラーが何故ここまでして、マイルを貯めようとするのか理解できないと思います。

そこで、ちょっと遠回りにはなりますが、今日は、SFCを理解する上での、前提となるANAのプレミアムメンバーサービスについて、説明してみたいと思います。

f:id:gaotsu:20160808194747j:plain

 ANAプレミアムメンバーサービスとは

プレミアムメンバーサービスは、所謂上級会員サービスです。ホテルにもよくありますが、ANAをたくさん利用してくれたお客さんに、感謝の気持ちを込めて、特別なサービスを提供するプログラムです。

基本的には、1月から12月の1年間の飛行機の搭乗実績に応じて、3つのステータスに分類し、それぞれのステータスに応じたサービスを次の年の4月から1年間提供するサービスです。
なお、サービスは1年間限定で、次の年の搭乗実績が乏しい場合は、プレミアムメンバーのステータスも消滅します。(具体的な条件は、後述します。)

搭乗実績 - プレミアムポイント

搭乗実績は、プレミアムポイント(以下、PPと約す場合あり)と呼ばれるポイントの獲得数で判断されます。
プレミアムポイントは、陸マイラーが貯めているマイルとは、全く別もので、プレミアムサービスのステータスを判断するためだけに使われます。よく混同してしまう点なので、注意してください。

プレミアムポイントは、マイルと違い、1月から12月の1年間しか貯めることができません。つまり、1月1日になるとゼロになり、そこからその年の加算が始まります。しかも、プレミアムポイントを貯めるには、飛行機に乗る以外ありません。それ以外の手段が無いのです。


先に、プレミアムメンバーサービスのメンバーシップは1年限定と書きました。つまり、プレミアムメンバーサービスのメンバーであり続けるには、基本的に毎年一定距離以上飛行機に乗り続けるしか無いのです。(ここで、基本的にと但し書きを付けたのは、重要なことです。SFCを目指す理由につながるからです)


プレミアムポイントの計算は、距離や座席クラス(ビジネス、エコノミーなど)等様々な要素を考慮して行われます。特定のフライトで、どの程度のプレミアムポイントが得られるのか把握できるシミュレーターが用意されていますので、それを使います。

 

リンクは↓

ANA SKY WEB : ANAフライトマイル・プレミアムポイントシミュレーション

ANAのトップページからだと、「ANAマイレージクラブ > プレミアムメンバーサービス > ステイタス獲得条件 > プレミアムポイントシミュレーションへ」で辿りつけます。


試しに、東京近郊陸マイラーの定番ルートである羽田-那覇の8月13日のプレミアムポイントを計算してみましょう。シミュレーターに必要事項を入力すればよいわけですが、一瞬戸惑ってしまうのが、運賃の選択です。f:id:gaotsu:20160808192922j:plain

 

そのときは、上記の赤丸で囲った部分をクリックして、自分がどの運賃になるのか確認しましょう。羽田ー那覇をSFC修行で利用する場合は、プレミアム旅割28もしくはプレミアム株主優待割引のどちらかを利用することが多いので、ここでは、運賃2にしてみました。次へ(計算する)をクリックすると、以下のように計算結果が現れます。

f:id:gaotsu:20160808193606j:plain

 

このフライトで獲得できるプレミアムポイントは、2860ポイントであることがわかります。もし、会社の出張等の予定があり、そのプレミアムポイントもあてにするつもりであれば、このシミュレーターを使って、どの程度のポイントが積めるか試算しておきましょう。

必要プレミアムポイント

プレミアムのステータスには、ブロンズ、プラチナ、ダイアモンドとあり、右へ行くほど、ステータスが上がります。

f:id:gaotsu:20160808195035j:plain

 

それぞれのステータス獲得に必要な、年間プレミアムポイントは、

ブロンズ  30,000 PP
プラチナ  50,000 PP
ダイヤモンド 100,000 PP

となっています。

 

ところで、ANAは、スターアライアンスという国際的な航空会社連盟に加入しており、国際線に関しては、スターアライアンス加盟の他の航空会社の便を利用しても、ANAのプレミアムポイントとしてカウントされます。ただし、プレミアムステータスの判定にあたっては、半分以上ANAグループ運航便に搭乗することが条件になっています。上記のリストにこの情報を付加すれば、

ブロンズ  30,000 PP(内ANAグループ運航便15,000 PP 以上)
プラチナ  50,000 PP(同25,000 PP 以上)
ダイヤモンド 100,000 PP(同50,000 PP 以上)

ということになります。

 

なお、ANAゴールドカード、ANAカード プレミアムホルダーは、 年間プレミアムポイントが30,000ポイント以上あれば、年間ANAグループ運航便ご利用分のプレミアムポイントが15,000ポイントに満たない場合でも、「ブロンズサービス」メンバーのステイタスを獲得できるという特例措置があります。

 

参考までに、スターアライアンス加盟の航空会社を掲載しておきます。PPを自身でコントロールする前提であれば、ANAに拘らず、これらの航空会社を利用して行程を組み立てることもできます。

f:id:gaotsu:20160808195635j:plain

 

プレミアムメンバーサービス

さて、いよいよサービスについての説明です。
冒頭、「ANAをたくさん利用してくれたお客さんに、感謝の気持ちを込めて、特別なサービスを提供するプログラム」と説明しました。
特別なサービスの内容は、ステータスによって違うのですが、ここでは、真ん中のサービスであるプラチナ会員向けのサービスについて説明します。

ANA MILEAGE CLUB PLATINUMカード券面

なお、別途説明するつもりのSFCのサービスは、このプラチナ会員向けのサービスに準じているため、これを理解することで、SFCのサービスも把握できることになります。

なお、プレミアムメンバーサービスは多岐にわたるため、私の主観で「これはいい」と思えるサービスに絞ってみましたので、ご了承ください。

では、いきます。 

待たされないサービス系
  • 優先チェックインカウンター
  • 専用保安検査場
  • 優先搭乗
  • 手荷物受取優先

優先チェックインで早々に手続き完了。専用保安検査場でも、待ち知らず。他の搭乗者の羨望のまなざしの中、優先搭乗。Baggage Claimでもあっというまに、手荷物出現、、、。飛行場でいつも待たされる、これらの箇所での時間ロスがなくなれば、旅行の効率が劇的に改善します。

 

ゆったり系
  • ラウンジの利用

ゆったり系は、これが代表でしょう。空港でANAのラウンジが使えます。

クレジットカードのゴールドカードに付随するカードラウンジとは、全然レベルが違います。要するに、ANAのお得意様(上級会員向け)向けのラウンジですので、質が高いこと請け合いです。
実際こんな感じです。羽田のラウンジ。

羽田のANAラウンジ

 

これは、那覇のANAラウンジです。 

那覇のANAラウンジ

もう一つ。福岡のANAラウンジです。

福岡のANAラウンジ

また、海外においては、スターアライアンス加盟の航空会社の上級会員向けラウンジが使えます。

 

予約優先系 
  • 国内線予約を、通常よりも2週間早く受付
  • 国内線座席指定の優先
  • 特典航空券の先行予約
  • 羽田空港駐車場の優先予約 

 

 国内線の予約が2週間早くというのは、繁忙期にはかなり有利になるはずなので、うれしいですね。

国内線の座席指定は、具体的には、以下の図のようになるみたいです。ちょっと見方がよくわからないですが、窓際は、ダイヤモンドが優先ということでしょうかね。

f:id:gaotsu:20160808230440j:plain

 

ところで、羽田空港駐車場の優先予約だけちょっと異色ですが、私がわざわざ取り上げた理由は、実際に予約の大変さを身をもって体験しているからです。

8月11日から、北海道に旅行に行くので、羽田の駐車場を予約しようとしたのですが、これが大変なのです。夜中の0時がカットオフなので、その時に合わせて、サイトにアクセスしても、繋がらず、2分後に繋がったときは、もう予約一杯。5日連続で失敗し、6日目にようやく予約することができました。あの熾烈な競争から解放されるのであれば、これは価値あるサービスだと思います。

 

以上、沢山あるプラチナ会員向けサービスの中から、一部だけを私の主観で取り上げてみました。 

プレミアムメンバーサービスの全てを理解したい場合は、以下のANAの公式ホームページをご参照ください。 

ステイタス別プレミアムメンバーサービス一覧|プレミアムメンバーサービス|ANAマイレージクラブ

 

事前サービス

1年間のPPの合計で、翌年の4月以降のステータスが決まります。人によっては、12月を待たずして、50,000PPだったり100,000PPに達してしまいます。ANAでは、そういった人に向けて、「事前サービス」というものを提供しています。

これは、30,000PP、50,000PPあるいは100,000PPを達した時点で、翌年4月からの正式サービスを待たずして、正式サービスに近いサービスが受けられるという制度です。

例えば、10月に50,000PPを達成した人は、翌年の3月まで事前サービスが受けられ、4月からの1年間は正式サービスを受けることができるのです。
私の場合は、2017年4月末に50,116プレミアムポイントを貯め、5月1日からプラチナ事前サービスが始まりました。

 ⇒ ついに解脱!ドメ専・観光無し・金曜夜発のSFC修行

これで、事前サービス11か月+本サービス12か月、23か月間のプラチナステータスとなります。

 

サービス内容については、正式サービスのうち、座席のアップグレード等一部のサービスが無いだけで、ラウンジの利用や優先カウンター等の利用は可能な、ユーザー視点に立った優れたサービスだと思います。(JALにもANAのプレミアムサービスと同様のものがありますが、事前サービスに該当するものは無いみたいです) 

事前サービスの詳細は、ANAの公式ホームページをご覧ください。

プレミアムメンバー事前サービス|プレミアムメンバーサービス|ANAマイレージクラブ

まとめ

「SFCとは?」を理解する前に、ANAのプレミアムサービスについての理解が必要と思い、この記事を書いて見ました。かなりお得なサービスだということが、少しでも垣間見て頂ければと思います。


次回は、いよいよSFCについての説明をしてみたいと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。 

 

www.one-mile.club

 

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。Google Analyt
icsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善の為に使用させていただくものとします。なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。Googleによるデータの使用に関しては「ポリシーと規約」をご覧ください。