読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1000のマイルも1から

プリンスポイントを再び貯め始めました。今後は、ANAマイルと両輪。その他、ふるさと納税、クレカ、株主優待等の話題です。

友達紹介制度に拘らない陸マイラーはいるのか?

陸マイラー活動をしていて、どこ得を使うようになると、気づくことがあります。「このサイト、よく上位に来るのに、何故陸マイラーの間では、話題にならないのだろう?」と。

今日は、私の印象として、上位出現率が高いと感じるサイトが、何故あまり取り上げられないのか、考えてみようと思います。

 この画像は、「SBI FX」で検索した、どこ得の結果です。調査サンプルは、ここからピックアップしたいと思います。f:id:gaotsu:20160805194202j:plain

 

交換先の問題 

まず、トップのi2iポイントです。

f:id:gaotsu:20160805194443j:plain

 

トップページは、今時のデザインで、洗練されてます。全然ごちゃごちゃ感がありません。そして、見てください、この自信。家電業界のような手法です。還元率が高くて当たり前です。f:id:gaotsu:20160805194749j:plain

 

でも、結論から言ってしまうと、このサイトのポイントの交換先には、Pex、.money、GPointが無いのです。痛すぎます。f:id:gaotsu:20160805195244j:plain

 

これでは、いくら高還元でポイントが貯まっても、ソラチカルートが使えません。これが陸マイラーが取り上げない理由だと思います。

 

次に、えんためねっとです。漢字で書くと円貯。なかなか洒落た名前だと思います。

f:id:gaotsu:20160805195541j:plain

 

ここも結論から言ってしまうと、i2iポイントと同じ理由で、Pexや.moneyに交換できないのです。これがわかった時点で陸マイラー的には埒外ですが、もっと言うと、このサイトは、銀行振込のみの潔さです。f:id:gaotsu:20160805195754j:plain

 

 

上記の二つのサイトが、陸マイラーの間で話題にならない理由に関しては、かなり客観的で自信があるのですが、以降の記載はそれほど自信はないです。理由が主観的でやや弱いかもしれません。が、続けます。

友達紹介制度の問題 

トップ2に続くサイトは、ポイントミュージアム、懸賞にゃんダフル、ポイントスタジアム、ポイントアイランド、ポイントランドです。調査の結果、この5つのサイトは、姉妹サイトであることがわかりました。どおりで、19,440円で同額なわけです。運営しているのは、京都のシステムエッジという会社です。何故、同じようなサイトを5つも運営しているのか謎ですね。

f:id:gaotsu:20160805220247j:plain f:id:gaotsu:20160805220259j:plain

f:id:gaotsu:20160805220441j:plain f:id:gaotsu:20160805220901j:plain

f:id:gaotsu:20160805221036j:plain

 

この5つのサイトは、それぞれ、Pexか.money、もしくは両方を交換先として押さえているので、i2iポイント、えんためねっととは、敬遠される理由が違うはずです。
私は、理由を友達紹介制度に求めました。ポイントアイランドには、友達紹介制度が無く、他の4つのサイトにはあるものの、報酬は、紹介時の一度だけで、非紹介者の入会後の活動からのリターンが無いのです。これが、多くの陸マイラーのインセンティブが働かない原因だと思っています。

まとめると、以下のとおりです。f:id:gaotsu:20160805215914p:plain

 

次に、ポイントインカムです。

f:id:gaotsu:20160805221731j:plain

 

ポイントインカムは、交換先として、Pex, .money両方あるようです。となると、もし陸マイラーに敬遠されているとしたら、紹介制度だと思います。

f:id:gaotsu:20160805221916j:plain

 

ご覧いただけるように、システムエッジが運営する5サイトと違い、非紹介者が入会した後の活動からも、紹介者へリターンがあるようです。ただし、10%ですから、ハピタスなどと比べると、かなり見劣りします。
やはりそこが、あまり陸マイラーのみなさんのブログに登場しない理由でしょうか。
そういえば、ANAパパさんも、紹介制度は貧弱と評してましたね。

 

さて、最初の検索結果の画像にはなかったですが、最後にClub Panasonicを取り上げます。

f:id:gaotsu:20160805222909j:plain

 

多くの方が、気づいていると思いますが、ショッピングのマージンに関しては、かなりの確率で、ハピタスを凌ぐ数値を叩き出しています。自らも、こう宣言しています。

f:id:gaotsu:20160805223313j:plain

 

このサイトが陸マイラーの間で話題にならない理由ですが、やはり、友達紹介制度が無いことが原因だと推測されます。

大半の陸マイラーはどこにいるのか?

陸マイラーがブログを継続的に書く場合、大きな目的は紹介制度です。自分のサイトを通じて、ポイントサイトに会員登録してもらえば、それ以降、紹介した人がポイントを稼げば、それに応じて自分自身にもポイント収入が発生します。

したがって、ブログを書いている陸マイラーにとって、紹介制度が無い、もしくは貧弱なサイトは、取り上げるメリットがありません。また、自分でサイトを使ってみて、読者にアピールする必要があるので、例えばポイントミュージアムでハピタスより高いキャッシュバックの案件があっても、敢えてハピタスを使うでしょう。

こうして、陸マイラーのブログで取り上げられるポイントサイトは、ハピタス等、紹介制度が充実しているサイトに収れんしていくのだと思います。

 

一方、紹介に興味の無い陸マイラーの場合はどうでしょう?紹介に興味が無いならば、紹介制度の有無もしくは程度などは問題とはならず、もっぱら自らの活動による直接的な実入りを最大限にしようとするでしょう。
であれば、そういう人たちは、条件が良ければ、ポイントミュージアムだろうがポイントスタジアムだろうが、躊躇なく使うはずです。

 

かなり、大ざっぱな言い方をすれば、ブログを書かない陸マイラーは、後者なのでは無いでしょうか?ブログを書かない陸マイラーは、紹介制度を利用する気があまり無いのだと推測します(Twitterは?とかいう議論は置いといて)。

 

では、全陸マイラーのうち、ブログを継続的に書いているのは、どれくらいの割合でしょう?

 

ブログを書き続けるのは大変なので、私は、ごく一部だと思います。大半の陸マイラーは、ブログなど書いていないと考えます。

自分でブログを書き、他のマイラーのブログを読む生活をしていると、それが、陸マイラーの世界だと思い込んでしまいます。でも、その外に、ブログは読むだけで、自分では書かないマイラーが沢山いるかもしれないのです。もしかしたら、その人達の人気No.1サイトは、ハピタスでなく、Club Panasonicかもしれません。でも、それは確認しようがないのです。何故なら彼らはそのことを「書かない」のですから。

最後に

どこ得の検索結果から話を広げて、友達紹介制度に拘らない陸マイラーの存在の仮説を立ててみました。といっても、我々、ブログ陸マイラーの行動が変わるわけではありませんが(笑)。明日以降も、同じようにブログを書いて、友達紹介のリンクを貼っていくことでしょう。

では。

 

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。Google Analyt
icsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善の為に使用させていただくものとします。なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。Googleによるデータの使用に関しては「ポリシーと規約」をご覧ください。