1000のマイルも1から

ANAマイルとプリンスポイントを貯めてます。ふるさと納税・クレカの話題も詰まってます。

広告利用20回達成でハピタスのゴールド会員になってました。

ハピタスの.money交換ルートが開通したことによる、3%増額キャンペーンが31日で終了なので、自分のポイントの状況を確認しようと、ハピタスのマイページにアクセスしました。
そうしたら、いつの間にかシルバー会員というステータスに昇格していて、来月からはゴールド会員(最上級)になるとの記載がありました!

f:id:gaotsu:20160730103239j:plain

ゴールド会員の条件

ハピタスに会員登録したのが、6月21日ですので、未だ40日の利用歴です。特に、上級会員を目指していたわけではないので、ちょっと驚きました。

ハピタスのランク概要を確認しておくと、以下の図のとおりです。

f:id:gaotsu:20160730105648j:plain

ゴールドランクになる条件は、広告利用有効20回以上、または獲得ポイントが10,000以上とのことです。注意したいのは、アンケートはカウントされないということ。ハピタスは、ゲームがないので、アンケートで手軽に回数を稼ぎたいところですが、それができません。この点は、すぐたま等と比べると、使い勝手はよくなさそうです。

 

私の場合は、未だ獲得ポイントが388ポイントしかなかったものの、有効判定回数で達成してました。

f:id:gaotsu:20160730104132j:plain

 

その内訳ですが、マクロミルのアンケートで1回(100ポイント)、楽天ツールバーで1回(270ポイント)、ハピタス動画利用18回(18ポイント)、合計20回(388ポイント)でした。ハピタス動画(CM視聴)のおかげですね。

f:id:gaotsu:20160801082418j:plain

 

昨日の記事で、私がCM視聴をする理由について書いてみましたが、ハピタスのランクを上げる意図は全くなかったので、ゴールドランクは言わば副産物です。

とはいえ、ハピタスを普通に使っている陸マイラーであれば、6カ月で獲得ポイント10,000以上は、高いハードルではありません。クレジットカード案件やForex案件を一つこなせば、達成できるレベルです。他のポイントサイトより条件が良いこともしばしばなので、条件の良いポイントサイトを選んでいたら、結果的にハピタスのゴールド会員になっていたというのは、十分あり得ます。
広告利用20回達成については、ちょっと大変かもしれません。でも、CM視聴というワザが使えることは、私が証明したので、こちらもいざとなれば、問題ないでしょう。

履歴の確認

ランク決定に必要な案件の履歴は、通帳で確認できます。トップページの右上の通帳をクリックします。

f:id:gaotsu:20160730103813j:plain

 

通帳のページに移行しますので、「ランク対象履歴を表示」をクリックします。

f:id:gaotsu:20160730104056j:plain

 

すると、下記のように、ランクの判定の対象となった案件の履歴が表示されます。普通に履歴を見るときは、利用日・確定日の月ごとに表示できますが、ランク対象履歴の表示については、月ごとの絞り込みは、無いみたいです。

f:id:gaotsu:20160730104310j:plain

 

ボーナス・レート  

ハピタスのランク制度によるボーナスですが、以下のようにかなり抑制的なものになっています。

f:id:gaotsu:20160730104606j:plain

最高でも2%です。すぐたまの20%、ポイントタウンの15%に比べ、大きく見劣りします。
でも、無いよりはいいです。それに、ハピタスはベースとなる各案件の還元率が高いものが多いですし、紹介制度も定評ありますから、贅沢は言えません。何でもかんでも大盤振る舞いしていたら、経営が成り立ちません。ここは、とりあえず、メニューだけは揃えてみましたって感じですね。

 

まとめ

ハピタスでは、上級会員のメリットがあまり多くないので、敢えて狙いに行く必要は無いと思います。いい案件が多いので、それなりに利用していれば、自然とゴールド会員になると思います。敢えて、広告利用回数で狙うのであれば、CM視聴がお薦めです。

 

ハピタスの詳しい使い方は、こちらの記事をご覧ください。

 ⇒ ハピタスの使い方、貯め方、機能を徹底解説

登録方法は、こちらの記事です。徹底的に解説しています。

 ⇒ 完全解説 ハピタス会員登録の方法~秘密の質問設定まで

ハピタス最強の秘密「友達紹介」についての解説です

 ⇒ ハピタス友達紹介制度の威力






当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。Google Analyt
icsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善の為に使用させていただくものとします。なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。Googleによるデータの使用に関しては「ポリシーと規約」をご覧ください。